ワールズ・エンド 酔っ払いが世界を救う!

worldsendb.jpg

エドガー・ライト監督

サイモン・ペッグ
ニック・フロスト
パディ・コシンダイン
マーティン・フリーマン
エディ・マーサン
ロザムンド・パイク

 学生時代に成し遂げられなかった1晩に12軒のハシゴ酒をリベンジする為、ゲイリー(サイモン・ペッグ)の呼びかけで5人のアラフォー男たちがニュー・ヘイヴンに舞い戻ってきた。順調に飲み進めていく彼らだったが、何か街の様子がおかしいことに気づく。


 エドガー・ライト監督&サイモン・ペッグ&ニック・フロストとなれば、もう観るしかないですね(笑)アラフォー5人組が学生時代に失敗した12軒のハシゴ酒をリベンジする!12軒って@@飲んで飲んで飲みまくってハメをはずすドタバタ映画かと思ったら・・・えーーー!びっくり~@@
 5人のそれぞれの学生時代の映像が面白かったのですが、名前が覚えらなかった。彼らがアラフォーになって、どの少年が誰だったのかわかればよかったのに残念。私の記憶力が悪いから?><
 サイモン・ペッグとニック・フロストはもちろんですが、他3人のキャスティングがよかった♪特にエディ・マーサンなんて「アリス・クリード~」が印象的だったんで意外。でもコメディもぜんぜんイケル!ひょうひょうとしててとぼけた味わいがありました(笑)パティ・コシンダインとマーティン・フリーマンは「ホット・ファズ~」にも出ていたみたいだけど憶えてなかった(^_^;)
 ゲイリーの呼びかけになんだかんだ言ってもみんな地元に戻ってきて、やっぱり学生時代の友達っていいな~って思いました。酒場めぐりは順調に進んでいると思われましたが、いきなり、突然に、物語に別の要素(物体X的な!?)が入ってきて超ハードなハシゴ酒リベンジになってしまいます(^_^;)
 ゲイリーの強さにはツッ込みを入れたくなりましたが(笑)、バトルとかアクションシーンは見応えがあって楽しめました^^明らかに酒飲んでる場合ではないのに(^_^;)リベンジを諦めないところがおかしい(笑)それぞれの酒場の異様な雰囲気もツボでした。
 サイモン・ペッグは脚本にも関わっていたみたい。ゲイリーはアル中でリハビリ中ということでか、痩せてそれらしい雰囲気が出ていましたね。とにかくハチャメチャなキャラで、リアクションとか顔とか(!)可笑しかった。たとえどんな状況になろうとも(マジで、飲んでる場合じゃないって)諦めない執念がすさまじかった(^_^;)
 オリヴァー(マーティン・フリーマン)の妹のロザムンド・パイクがチャーミングで、アラフォー男だけじゃなくてよかったって思いました^^
 公式サイトにあった町山さんの解説聞いたら色々な映画のオマージュがあるみたいなんだけど、マニアックすぎてぜんぜんわかりませんでした(汗)目が光ってたのは「光る眼」のオマージュだとか、こんど見てみようっと。
 いや~むちゃくちゃな映画でしたね~酔っ払いに何言ってもムダって感じのラストも(^_^;)その後の彼らの姿もシュールでした@@
 でも面白かった♪エドガー・ライト監督の過去の作品を見てサイモン・ペッグとニック・フロストのコンビに馴染みがある方はより楽しめると思います^^私はあんまりお酒が飲めないので「~酒場放浪記」を見て常々飲んべえが羨ましいと思ってるので、彼らのばかばかしい挑戦も楽しそうって思いました(最初の方ね^^)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポルカ

Author:ポルカ
ジョニー・デップ大好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる