アデル、ブルーは熱い色

adeleb.jpg

アブデラティフ・ケシシュ監督

レア・セドゥ
アデル・エグザルコプロス
ジェレミー・ラウールト
カトリーヌ・サレ

 女子高生のアデル(アデル・エグザルコプロス)は街中ですれ違った青い髪の女性エマ(レア・セドゥ)に惹きつけられる。その後、アデルはバーでエマと偶然再会し、言葉を交わす。二人は親しくなり、アデルはエマにのめりこんでいく。


 カンヌ国際映画祭パルムドール受賞作品です。主演女優二人も受賞したのはカンヌ史上初。レア・セドゥとアデル・エグザルコプロス、素晴らしかったです。
 アデルが自身の恋愛について悩み、やがて彼女にとっての本当の愛を見つけるまでの前半が好きでした。高校生アデルの等身大の姿をていねいに描いているところがよかった。アデルの無造作に結んだ髪型がとってもキュート、ふつうなら生活に疲れたおばさんみたいになっちゃうのに(笑)絶妙のルーズヘアー^^パスタを口いっぱいに頬張るところも可愛くて、若さと生命力を感じました。
 すれ違いざまにアデルの視線を捕えるエマに、ドキッとしました(^_^;)一目ぼれをテーマにしていた授業がまるで暗示のよう。アデルの様子からビビビってきたのがわかりましたね。
 エマ、ブルーの髪がとても似合っていて素敵、宝塚の男役のような美しさがありましたね、アデルをロックオン→ナンパ的な流れが実にスマートでした。以前から気になっていたレア・セドゥは、変幻自在に役をこなす女優さんだと思いました。これからも要チェックですね♪
 話題になっていたラブシーンはけっこうハードな描写でしたが、いやらしさは感じませんでした。おそろしく長いそのシーンをただひたすら淡々と見ていた感じです。その長さから、大変だったろうな~よく頑張ったな~とか余計なことまで考えてしまいました(^_^;)
 エマの両親は二人の関係を理解してて自由な雰囲気でしたが、アデルの方は堅実な感じ。育ってきた家庭環境もその後二人が進む道に影響を与えているように思いました。
 数年後、エマは髪の色も変わって落ち着いた感じになってましたね。 パーティでエマをかいがいしくサポートするアデルは、どこか無理しているようにも見えました。
 エマはアデルを責めていたけど、その前にエマの心変わりがあったんじゃないかと思いました。アデルはそんなエマの気持ちを感じとって寂しかったんじゃないかな。アデルが可哀そうに思いましたよ。エマと再会したカフェでのアデル、かなり大胆でしたね~一瞬引きずり込まれそうなエマ@@;
 アデル・エグザルコプロス、ベビーフェイスだけどスタイル抜群、背もレア・セドゥと同じくらいでしたね。自然で瑞々しい演技は好感が持てました。アデルがエマに激しく責められるシーンでは二人の溢れだす感情の表現が素晴らくて、圧倒されました。
 やっぱり前半の高校生のアデルがよかったな~授業風景、友人との痛いエピソード、夜の盛り場など印象的なシーンがたくさんありました。大きな木の下でデートする二人もキラキラして美しかったです。
 後半は男女関係ない失恋の光景で切なかったけど、ラストはアデルが前に進めるような気がして、よかったと思います^^ 
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アデル、ブルーは熱い色

アデル、ブルーは熱い色  (2013  フランス) LA VIE D'ADELE BLUE IS THE WARMEST COLOR 監督 アブデラティフ・ケシシュ 原作: ジュリー・マロ 『ブルーは熱い色』(DU BOOKS刊) 脚本: アブデラティフ・ケシシュ ガーリア・ラクロワ 撮影: フォフィアン・エル・ファニ 編集: カミーユ・トゥブキス...

コメントの投稿

非公開コメント

ポルカさん、こんにちは!

なんかこれ、そそられる感じ~(^▽^;)
劇場鑑賞だったんですか?

レア・セドゥが青い髪で、女性同士のラブシーンをね~
それも恐ろしく長いシーンだったんですか・・・(@_@;)
自宅鑑賞のほうが、落ち着いて観られるような。(^^;
もう一人の女優さんも魅力ありそう~☆

YANさんへ

こんにちは~。
近くのミニシアターで観てきました^^
そいういえばカップルはいなかった@@

レア・セドゥがイケメンになってて、カッコよかったです。
ラブシーン、ほんとにすっごく長かったんですよ~
たぶんYANさんが想像されたと思われるのよりずっと。
まだか、まだなのか、って思いましたもの(^◇^;)
自宅の場合はおひとりでの観賞がよろしいかと思われます(^_^;)
アデル、キュートでしたよ。
男女関係ない恋愛の話なのですが、
高校生のアデルを描いた前半が、とてもよかったです^^

長かったね~(^^;

ポルカさん、こんにちは。
女性同士の激しいラブ・・と言うか、絡みシーン(爆)・・長かったよね。
女性に恋愛感情は持てない自分には、ちょっとダレ気味だったかなぁ・・。
男同志だったらまだ良かったかも?(オイオイ)
で、前半のアデルが良かった、に一票!
繊細で瑞々しい感情の揺れがすごく伝わって来て素晴らしかったですよね。
でも、エマが怒りまくるシーンは、私はずっと醒めて見てしまってました;;
ポルカさんの感想と同じく、エマのが心変わりしてるんじゃ?って気持ちがあったし、
なんか、あの長過ぎる絡みシーン(二度も言うな?笑)で疲れちゃったからかも?
・・あ、疲れるくらい「その気」になってたのかしら、自分?
あぶね~~~(笑)
でも、男女にしても、女女にしても、純粋だったり、そうじゃなかったりな気持ちって、大差ないのかな、って思いました。

感想UPね

お邪魔します~~

いろんな意味で話題作だったけど
観て良かったな・・って思うよね。
男でも女でも、こういう結末は往々にしてあることだろうし・・・
共感できるところも多かったわ

<・ふつうなら生活に疲れたおばさんみたいになっちゃうのに(笑)絶妙のルーズヘアー^^パスタを口いっぱいに頬張るところも可愛くて>

うんうん、わかるわ~~笑
私が今そんな姿したら、みなが去っていくだろうし・・・・・笑。

<その長さから、大変だったろうな~よく頑張ったな~とか余計なことまで考えてしまいました(^_^;)>

そうよね~~
女性だから、ああいう場面は、演技者って大変…って思っちゃうよね・・

<やっぱり前半の高校生のアデルがよかったな>

私も~~
恋に戸惑う若い子っていいよね~~
あ~~~遠い目・・・笑

つるばらさんへ

こんばんは~。
女性同士のラブシーンって、記憶になくてたぶん初めてだと思います。
やっぱり女性に恋愛感情を持てなければ、淡々と見ている感じになりますよね。
あれは長すぎますよね、飽きちゃった(^_^;)
ブロークバック~の時はすごく切ない気持ちになったけど・・・
前半の高校生のアデル、良かったですよねっ^^
アデルの相談に乗ってた男の子が、優しくていい感じって思ったら、
女の子の気持ちわかる人でしたね。
彼氏とのこととか、アデルが女の子の何気ない言葉を誤解して傷ついたり、
色々な場面がとても印象に残っています。
エマが怒るシーン、エマに対して自分はどうなの?って気持ちがあって、アデルがかわいそうってずっと思ってました。
でも二人の演技はすごかったですね。
絡みのシーンはたしかに疲れる~運動的感覚で(^_^;)
恋愛も失恋も性別関係なく、キラキラしてたり、女々しかったり同じですね。

みみこさんへ

こんばんは~。
私も観てよかったって思いました^^
好きになったら一途になっちゃうし、
未練を残して引きずることもあるし、
恋愛は男女関係なく同じってことですよね。

なんであんなに絶妙に結べるんだろうって、
あの髪型が気になって、
やっぱり彼女だから似合うのかなって思いました。
自分がパスタをあんなふうに食べたらがさつに見えるだけ(笑)

ラブシーンの長さゆえ、色々余計なこと考える時間が十分あったということでした(^_^;)
ほんとに女優さんて、大変ですね~

高校生のアデル、よかったですよね。
悩む姿も感情豊かで、その時期にしかない輝きがありましたね。
私も遠い目~~(笑)
プロフィール

ポルカ

Author:ポルカ
ジョニー・デップ大好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる