アクト・オブ・キリング

actofkillingb.jpg

ジョシュア・オッペンハイマー監督

アンワル・コンゴ
ヘルマン・コト
アディ・ズルガドリ
イブラヒム・シンク
スルヨノ
ユスフ・カラ
サフィト・パルデデ
ソアドゥオン・シレガノ

 1960年代のインドネシアで共産党員の100万人規模の大虐殺が密かに行われた。その実行者たちは今も国民的英雄として楽しげに暮らしている。当時虐殺に関わった人たちにその時の行動をカメラの前で演じさせる。

 虐殺を実行した人たちに当時のことを演技で再現してもらうというびっくりなドキュメンタリーです@@
 ということでかなり構えていたのですが、オープニングはなぜか大きなお魚の横でおねいさんたちが踊るというシュールな映像で、やや肩の力が抜けました。女装のメタボが加わるあれはいったい・・・(^_^;)
 殺人部隊のリーダーだったプルマン(ギャング)のアンワル・コンゴはじめ、虐殺にかかわった人たちが自分たちが行った事をふつうにぺらぺらと話す姿が衝撃的でした@@彼らは罪に問われるどころか英雄のように扱われているのです。
 アンワルは大物ギャング的なオーラはあるものの、孫に接する姿とか1000人殺した人には見えなかったです。殺害を行っていたという場所でワイヤーを使って自慢げに説明。それは想像しただけでも恐ろしい光景です><ノリノリのダンスが妙に上手だった。
 映画では当時の状況を再現させることとともに、関わった人たちへのインタビュー風景も映しています。まったく罪の意識を感じていないように見える人や、自分の行為を正当化しようとしている人、知らなかったふりをする人、反応は様々でした。民兵組織であるパンチャシラ青年団地域リーダーのレイプ話には気分が悪くなりました。「お前にとっての地獄は俺にとっての天国」発言は地獄に堕ちろ!って思いました(怒)
 撮影は村が焼かれるシーンや、拷問のシーンなど村の人たちにも出演してもらって行います。それを見ているアンワルが、時折遠い目をしていてたのが印象的でした。アンワルといつも一緒にいるヘルマンの演技が妙にこなれていると思ったら演技経験があったみたい。何故か女装?メタボ体型でこんなママさんいるみたいな感じになってました(^_^;)あとアンワルが夢にみる悪魔の変装もしょぼい怪人みたい(^_^;)
 アンワルの隣人で、当時華僑の義父を殺されたスルヨノが尋問を受ける役だったのですが、リアルな感情が伝わってきて、胸が苦しくなりました><
 アンワルがメイクをして拷問される側を演じるシーン、彼は当時のことを逆の立場から思い出すことになります。恐怖に顔をゆがめ具合の悪そうな姿はまるで別人のようでした。
 ラスト、アンワルが最初に虐殺の様子を説明していた場所に一人で訪れます。それは最初に見た時とあまりにも違う彼の姿でした。「感情」を持ったアンワル。もうね、いままで観てきたのはこのシーンのためなんだって思いましたね。
 背景には軍がアンワルのようなギャングや民兵組織に共産党員の虐待を指示し、後に政権をとっているということがあるようです。実際彼らと関わっている権力者も何人か出ています。加害者のリアルな話を聞くということは恐くもありましたが興味深く、色々考えさせられました。 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポルカ

Author:ポルカ
ジョニー・デップ大好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる