バビロンの陽光

babylon.jpg

モハメド・アルダラジー監督

ヤッセル・タリーブ
シャーザード・フセイン
バシール・アルマジド

2003年、イラク北部クルド人地区、フセイン政権の崩壊から3週間後。
戦地に出向いたまま戻らない息子を探すため、老いた母は孫アーメッドを連れて旅に出た。
当時生後まもなかったアーメッドは父の顔を知らない。
二人はヒッチハイクをしながら、バスを乗り継ぎ砂漠の中を進んでいく。


 アカデミー賞外国語映画賞イラク代表作品です。
 イラク北部からバクダッドを経て空中庭園の伝説が残る古都バビロンへなんと900キロ@@
 強引にヒッチハイクをしたり(笑)オンボロバスは2日に一台しかこないようで、故障はあたりまえ。
 しかし二人に待っているのは過酷な現実でした。
 旅の途中、さまざまな人たちとの出会いを通してイラクの現状がみえてきます。
 車に乗せてくれたのは気のいいおじちゃんでした。
 おじちゃんと言葉の通じないおばあちゃんとアーメットとの絡みがおかしかったです(笑)
 用を足しに行くことを「サダムに電話してくる」とバカにしているのはタイムリーな感じがしましたね。
 路上でタバコを売っている少年とアーメッドとの一瞬にして芽生えた友情は微笑ましかったですが、
 こんな小さい子がはたらかなければならない現実、アーメッドに手を振る少年の明るい笑顔に切ない気持ちになりました。
 バスの中で出会った元兵士の男性は心に深い傷を負っていて、そのことから二人にとても優しくしてくれました。
 アーメッド、ほんとにかわいかった^^「おなかすいた~」って甘えたり、興味の赴くままに行動するところはほんとに子どもらしいこども。
 アーメッドが片時も離さず大事そうに持ってるお父さんの笛は父と子をつなぐ唯一の絆のように感じました。
 片言しゃべれるアラビア語でおばあちゃんを助けたり、バスの運転手と料金の交渉をしたりとても利発です。
 お父さんに会いにいくためにアーメッドを着替えさせ、お互いに川の水で顔を洗ってあげるところ、二人の特別な気持ちが伝わってきていいシーンでした。
 アーメッドは現地の路上ですれ違った監督の心をとらえた子で、おばあちゃんもインタビューしていた時に出会った映画と同じような境遇の女性だそうです。
 二人とも演技経験がないとは思えないほどすばらしかったです@@おばあちゃんの表情には演技ではないほんとの感情がこもっているように感じました。
 ラストにつきつけられたもの、それがイラクの現実なのだと思います。

 イラクでは過去40年間で150万人以上が行方不明となり、300の集団墓地から何十万もの身元不明遺体が発見されているそうです。
 その人たちを探している家族がいることを思うと戦争のもたらす悲劇はとても大きいと改めて感じました。
 是非多くの人に観ていただきたい映画だと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポルカ

Author:ポルカ
ジョニー・デップ大好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる