ウォールフラワー

wallflowerb.jpg

スティーヴン・チョボスキー監督

ローガン・ラーマン
エマ・ワトソン
エズラ・ミラー

 高校に入学し、誰からも相手にされず孤独な日々を送っていたチャーリー(ローガン・ラーマン)は、上級生のパトリック(エズラ・ミラー)とサム(エマ・ワトソン)に出会い親しくなる。二人は親の再婚で家族になった義理の兄妹だった。チャーリーは二人に誘われ、初めてパーティーに参加する。


 予告で美形のエズラくんとキュートなエマちゃんが気になり映画の雰囲気もよかったので、観賞。ローガン・ラーマン、どこかで見たことあると思ったら「三銃士~」の彼でしたね。髪の毛が短いから印象がかなり変わってる@@感情を抑えた演技が素晴らしかったです。
 3人の高校生の友情の物語。内気な少年チャーリーがパトリックとサムの兄妹に出会ったことで、居場所を見つけ明るくなっていく姿が微笑ましかった。思い通りにならない恋の悩みや、それぞれに抱える問題を温かい視線で描いているところに好感が持てました。
 クラスの中でも変わり者で目立つ存在のパトリックと恋愛にけっこう大胆なサムの兄妹がいいですね~とっても仲がいいんです。プロムでの二人のダンス、めちゃくちゃ楽しかった!チャーリーの心を動かしたこのダンスシーンだけでも見る価値ありです♪
 エズラくんはやっぱり美しい。今回はエキセントリックな役を熱演。ロッキー・ホラー・ショーのコスプレ、キョーレツでしたね~@@悩殺されました(^_^;)エマちゃんも可愛かった~トラックの上でタイタニックポーズをするエマちゃん、輝いてました!
 パーティーとかプロムとかちょっと日本の高校生では経験しないような光景でハラハラしましたが、これが普通なのかな?(汗)チャーリーがサムに勉強を教えるところは、高校生らしくてよろしい^^チャーリーとパトリックのドライブは友達の温かさを感じられるいいシーンでした。
 チャーリーの叔母さんに関しては彼の中で大きな問題ではあるけれど、3人の友情がメインのお話だと思うのではあまり重要ではない気がしました。終盤ミステリーっぽく描かれているところも中途半端な感じでした。
 青春映画いいですね~悩みながらも成長する姿は瑞々しくて、可愛くて、温かい気持ちになりますね。チャーリーがウォールフラワーを卒業できたのは、思い切って自分からパトリックに話しかけたから。サムも勉強頑張っていましたね。若い人たちが観たら勇気をもらえる映画でもあると思います。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ウォールフラワー

誰もが味わう青春の甘さ・ほろ苦さ。 瑞々しく生き生きと描いた青春物語~☆ THE PERKS OF BEING A WALLFLOWER 監督:スティーヴン・チョボスキー 原作:スティーヴン・チョボスキー「ウォールフラワー」 製作:2012年 アメリカ 上映時間:103分 出演::ローガン・ラーマン *エズラ・ミラー *エマ・ワトソン *メイ・ホイットマン *ポール...

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは(^O^)

ポルカさん~こんばんは。
年度末であれやこれや、何だか気忙しいですが、
ポルカさんもなんとか映画タイムは確保出来てるみたいで良かったです。
「ウォールフラワー」の主人公・・あっ、ああーっ、そうか~
どっかで見た顔と思ってたら、「三銃士」のね・・ああ~~~
あの時は、イケメン風(あくまで風・・笑)小僧って感じだったよね。
ああ~・・でも、それがわかると、今回の役は全然タイプが違ったし
頑張ったのね・・って、ヨシヨシしてあげたくなりますね。(←なにさま・・)
この物語、タイプも年齢も違う同士の友情って所が良かったです。
紅一点なのも、なんだかプチ・ロマで。

ところで、最近観た新作で、ポルカさんにご報告せねば!と思ったものがあったので持ってきました。
「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」。
個人的にすごく気に入ったのもあるけど、
ポルカさんの大好きな「爺さん」が主人公なの~。(←その言い方はよせ?笑)
でも、爺さんと言っても、ブルース・ダーンなんだよね・・年月経ったわ・・しみじみ・・
アレクサンダー・ペイン監督作なので、彼らしい笑いと皮肉(そして涙・・)がうまくブレンドされていて、良かったです。
もし機会がありましたら是非~。

つるばらさんへ

こんにちは~。
レス遅くなってすいません。
娘の新生活の準備などあれやこれやでバタバタしてました。
あとは引っ越し&入学式が控えてます。
映画館では「それでも夜は明ける」しか観てなくて、
最近やっとDVDは少し観ています。

「三銃士」の彼なんですよー、あの時はロン毛だったからね。
彼も雰囲気イケメン?(笑)うんうん、頑張った頑張った(^-^)
一見合わなそうな感じの人たちだけど、それぞれのタイプを尊重してて、温かい気持ちになりました。
紅一点のエマちゃんも可愛かったですね。

「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」気になってました^^
でも「爺さん映画」と認識してなかった(^_^;)
爺さんマスター(なんだそれ笑)としては絶対に観なければ!
ブルース・ダーンはよく知らないのですが、いぶし銀のような俳優みたいですね。
アレクサンダー・ペイン監督は「アバウト・シュミット」しか観たことないけど、とっても好きな映画です。
こちらではこれから上映されるので、楽しみにしてますね♪

ポルカさん、こんにちは!

パトリックとサムのダンスシーンはノリノリで楽しかったですね♪
家で練習してたって言ってましたね~
想像すると自然に笑みがこぼれてきちゃう(≧▽≦)
そうね! 2人があまりにも楽しそうなので、
チャーリーが壁から離れて歩き出したのね!なるほどそうでした★

叔母さんに関するシーンは、ちょっと分かり辛かったですね。
ナレーションで、そうだったのかと分かったけど、
最後になって唐突にミステリータッチにしたのは変でしたね。
で、結局あの夜、チャーリーとサムは結ばれたのかしら?(≧ε≦)
一緒にベッドにいたけど、トラウマが邪魔したって事かな~??
ちょっと、そんな事が気になってしまいました(^▽^;)

YANさんへ

こんばんは~。
ダンスシーン、すごくお気に入りです♪
家で練習してたんですね。
スピーディでキレキレのダンスはその努力の成果だったんですね。
ダンスとかロッキーホラーショーとかエンターテイメント的なシーンに
力を入れて楽しませてくれましたね^^

叔母さんに関することは、想像以上に重たいものだったので、
別の物語が始まってしまうように感じてしまいました。
何かトラウマがあったって程度でもよかったんじゃないかなって思いましたよ。
チャーリーとサム、なかったような・・・でも希望は結ばれてて欲しい。
勉強教えてもらったり、性格的にも案外お似合いのカップルだと思いました^^
プロフィール

ポルカ

Author:ポルカ
ジョニー・デップ大好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる