ヘンゼル&グレーテル

hanselgb.jpg

トミー・ウィルコラ監督

ジェレミー・レナー
ジェマ・アータートン
ファムケ・ヤンセン
ピヒラ・ヴィータラ
ピーター・ストーメア
トーマス・マン
ライナー・ボック

 両親に捨てられ、森の奥深くのお菓子の家に迷い込んだヘンゼルとグレーテル。二人はそこに住む魔女に捕えられてしまう。しかし隙を見て魔女をかまどに突き落とす。15年後、成長した兄妹は魔女ハンターとなり賞金を稼いでいた。


 誰もが知ってるグリム童話ですが、子供を捨てる、魔女を焼き殺すなどよ~く考えてみるとかなり残酷なお話ですね(^_^;)映画では新しい解釈によって子供を捨てる理由が描かれていて、それがひじょーに重要なのです。二人が迷い込んだお菓子の家の魔女のビジュアルが恐くてよいぞ~。その後も色々なタイプの魔女がでてきてびっくり@@
 お菓子の家のくだりから15年後、成長したヘンゼル(ジェレミー・レナー)とグレーテル(ジェマ・アータートン)は経験を生かし、魔女ハンターになっていた!この発想が面白いですねっ。
 ジェレミー・レナーとジェマ・アータートンの兄妹ってどうよ?って思ったけど、なかなか相性がよかったです。魔女のいるところに、ボウガンとライフル銃を肩に担いで颯爽と現れる二人、あの童話の主人公がこんなに成長したとは@@
 魔女とのバトルなどスピィーディな格闘系アクションはかなり好みでした♪ジェマ・アータートンはハマり役、迫力ボディーから繰り出すパンチはものすごいパワーでした。彼女の映画を観たのはは3本目ですがどんどん好きになる^^
 ヘンゼルとミーナはなんとなくロマンスの気配が漂っていましたが、グレーテルのピンチの時にいったい何やってんのって感じでした(笑)
 でた~ピーター・ストーメア、胡散臭い保安官で、存在感ある小物キャラでした。消え方(?!)はあまりにもあっけなかった(^_^;)ライナー・ボックもちょこっと出ていて、この二人のツーショットは怪しすぎる(笑)ラスボス魔女のミュリエル、最強でしたね~変身前と変身後のギャップが・・・(^_^;)
 終盤、ゾンビ退治か魔女退治か(!)よくわからないちょっと雑な感じなってましたが、全体的には楽しめました。魔女側の事情で描かれる子供の誘拐と二人の出生の秘密など、童話をベースにしてアレンジした物語が面白いと思いました。色んな想像が広がってこういうのいいかも^^
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ヘンゼル&グレーテル」

ヘンゼル&グレーテル ブルーレイ+DVDセット(2枚組) [Blu-ray](2013/07/19)ジェレミー・レナー、ジェマ・アータートン 他商品詳細を見る 幼い頃、森に置き去りにされ、お菓子の家に住む魔女に囚われてしまったヘンゼルとグレーテル。 魔女をかまどに突き落として逃れた2人は、 15年後たくましく成長し、魔女ハンターとして名前を轟かせていた。 ある日、こどもの誘拐...

コメントの投稿

非公開コメント

血が~!!

ポルカさん、こんにちは。

大人になったヘンゼルとグレーテル、このアイディア、監督さんずーーっと温めていたんですって。

結構血が飛んでびっくりしたわ~。
もともと童話って残酷だけど、こんなに血が飛ぶなんて。

アクション、迫力ありましたよね。
お兄ちゃんはちょっとコミカルなところもあって、グレーテルの方が頼もしかった感じもしました(笑)

最近おとぎ話系の映画化って多いような。
去年「白雪姫」は2作品ありましたよね。

そうそう海外ドラマでも「グリム」と「ワンス」がありますよね。
どちらも観てみました(笑)グリムの狼男さんがお気に入りです。

瞳さんへ

こんばんは~。
レス遅くなってすいません。
すごいアイデアですよね~@@監督さんすご~い!

血 多目でしたが、アクションとかと~ってもカッコよくて好みでした^^
お兄ちゃん、ちょっと危なっかしいとこありましたよね(笑)
グレーテルはぶれない強さでした。
ジェマ・アータートン、アクション女優もいける!って思いましたよ。

ターセム監督の「白雪姫」観たいです。
石岡さんの衣装も気になってます。

「グリム」は予告を観たことあります。
結構恐そうで面白そう~(笑)
瞳さんご覧になったんですね~レンタルしてみようかな♪
「ワンス」は知らなかったのでチェックしてきました。
こちらは恐くなさそう?
狼男さん、もしかしてイケメンなのかな?(笑)すごく気になります。
プロフィール

ポルカ

Author:ポルカ
ジョニー・デップ大好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる