ロボジー

robogb.jpg

矢口史靖 監督

五十嵐信次郎
吉高由里子
濱田岳
川合正悟
川島潤哉
田畑智子
和久井映見
小野武彦

 家電メーカー木村電気の窓際社員、小林(濱田岳)太田(川合正悟)長井(川島潤哉)の3人は、木村社長(小野武彦)から二足歩行ロボット開発を命じられる。ロボット博まであと一週間という時期になって製作途中のロボット「ニュー潮風」が壊れてしまう。追い込まれた3人はロボットの中に人間を入れてごまかすことにする。ロボットにぴったり収まる人間を探すためのオーディションを行い、一人暮らしの老人鈴木(五十嵐信次郎)が選ばれる。


 公開当時、ロボットと監督のキャラが面白かったので、気になってました^^矢口監督は「ウォーターボーイズ」の監督だったんですね~納得(^◇^)
 いきなりのロボット大破(^_^;)で困ったの3人が考えついたのは、なんとロボットの中に人間を入れること(!)やたらと体のサイズを気にするオーディションも面白かったですね(笑)採用されたのは一人暮らしのおじいちゃん、鈴木さんでした。ニュー潮風に入った鈴木さんはロボット博で暴走し、3人はハラハラ。
 鈴木さん、ロカビリースターのミッキー・カーチスさんですよね。まったくふつうのおじいちゃんになっててビックリ@@偏屈じいさんぶりが素晴らしかったです(笑)
 弱みを握った鈴木さんは好き勝手わがまま放題、振り回される3人のドタバタぶりが面白かったです^^木村電気の3人組が個性的でいいキャラでした。太田役のお笑い芸人のチャン・カワイさんがいい味だしてましたね~文句をいいながらも鈴木さんに気遣いをみせるところは温かい気持ちになりました。
 ロボット博で一目ぼれ(!?)したニュー潮風につきまとうロボットおたくの葉子(吉高由里子)は、なまじロボットに詳しいだけに3人にとってはうっとうしい存在です。吉高由里子ちゃん、ロボット愛あふれる女子大生をユニークに演じててよかったです。終盤の壊れ具合が最高!(笑)葉子の大学の講演会に行った3人が、学生の質問を利用しながら絶妙にかわしていくところがツボでした(笑)
 鈴木さんのお年寄り仲間との関わりや、別に暮らす娘や孫たちとの関係も笑いを交えながら温かい目線で描かれているところがよかったと思います。
 ケーブルTVが嗅ぎつけ、絶体絶命のピンチのニュー潮風の運命は・・・オープニングシーンに通じる上手い演出でした。しっかり伏線もあったしね(笑)木村電気の今後が楽しみなラストもよかったです^^
 いっぱい笑わせてもらって楽しかったです♪エンドロールのイラストがとっても可愛かった!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポルカ

Author:ポルカ
ジョニー・デップ大好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる