闇を生きる男

yamiwoikirub.jpg

ミヒャエル・ロスカム監督

マティアス・スクナールツ
イエルーン・ペルスバール
バーバラ・サレフィアン
フィリップ・グランドンリー
デイボ・ヴァンデンボール
フランク・ラメルス

 ベルギー、フランドル地方。畜産業を営むジャッキー(マティアス・スクナールツ)は、ある日精肉業者から怪しい仕事話を持ちかけられる。ジャッキーの商談相手の仲間に、幼なじみで彼の過去を知る男ヂエーデリク(イエルーン・ペルスバール)がいた。二人はある不幸な出来事をきっかけに関係を絶っていた。


 アカデミー賞外国語映画賞ノミネート作品です。「ホルモンマフィア」というワードに、裏社会センサーが反応(笑)しかしマフィアがメインではなく、心に闇を抱える男の悲しいお話でした><
 畜産業を営むジャッキーは幼なじみのヂエーデリクと偶然再会します。しかし二人の態度は微妙、それは過去のある出来事によるものでした。
 少年時代の仲のいい二人の姿、そして彼らを襲った悲劇が描かれていきます。あまりにも残酷な目に遭ったジャッキーはほんとに可哀そうでした。少年のジャッキーは線が細く可愛い感じの子で、今のマッチョで乱暴な姿は想像できません@@大量の薬品が置いてあるうす暗い部屋での姿は、彼が抱える孤独と心の闇を感じました。シャドーボクシングが恐すぎる(汗)
 やがて二人はホルモンの不正投与を追っていた捜査官殺人事件に巻き込まれていきます。殺人事件に使われた車についての部分はちょっとわかりづらかったので、DVDを何回か見返してしまいました。おっちょこちょいの車の販売店のコンビ、ちょっと何言ってるかわかんない(^_^;)
 ジャッキーがルチアの店でのぎこちない態度や、後をつけてクラブに行くところなど彼女にどう接したらいいのかわからない不器用さが切なかったです。野獣のような恐いオーラを放っていても、どこか悲しそうな目をしてるジャッキー。肉体改造をして役になりきったマティアス・スクナールツはほんとに素晴らしかったです。兄の家族を見て一瞬みせた優しそうな笑顔が印象的でした。
 ヂエーデリクもジャッキーに対する負い目から過去を引きずっているようでした。自らの秘密、ジャッキーへの思い、イエルーン・ペルスバールの抑えた演技が胸に響きました。
 憎む相手はもはやその意味もない姿となっていたのはショックでした。ラストも悲しすぎる><あの出来事がなかったらあの可愛かった少年はきっと違った人生を送ることができたのに。
 重たかった~気分がどんよりすること請け合いです。でもジャッキーの心の闇を映し出す演出がすばらしく、見応えのある映画でした。 
 
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「闇を生きる男」

闇を生きる男 [DVD](2013/02/22)マティアス・スーナールツ、イェルーン・ペルスヴァール 他商品詳細を見る ジャッキーは家業を継ぎ、ベルギーのフランドル地方で畜産業を営んでいる。

コメントの投稿

非公開コメント

辛かったですね

ポルカさん、こんばんは。

わ~、ポルカさんもこの作品ご覧になったんですね。
重かった~、辛かった、悲しかったですよね。

あの少年の日の出来事、あまりにも酷い目にあいましたよね。見ていられない~、悲鳴をあげそうになりました。
あんなに可愛い少年があんな目に遇って、それがなければ、きっと普通に結婚して子供もできて・・と思うと辛すぎますね。

成長した彼が鍛えあげたその肉体、でも自分の肉体を見つめる瞳には誇らしさなど全く感じられませんでしたね。
まるで自分の肉体を確認せずにはいられないかのような切羽詰ったかのようなその目、痛々しさを感じるほどでした。

でもどうにかなるんじゃないかしら~~と楽天的な私は期待を持ってきていたのですが・・・期待は叶えられず。
辛かったです。
でもポルカさんも書かれている通り、心の闇を見事に映し出していましたね。見ごたえある作品でした。

瞳さんへ

こんにちは~。
瞳さんもご覧になったんですね~
重かったですよね~ドーンと気持ちが落ちこんでしまいました><

少年の日のあの出来事はほんとに酷かった><
親の気持ちを考えてもすごく辛いですよね。
可愛い少年なんですよね~あの出来事がなければまったく違った人生になっていたと思うと切ないです。

鍛えあげた肉体は人を寄せ付けない鎧のようでもありましたね。
運命に対する怒りが暴力となっているような気がしました。
どこか悲しそうで痛々しい目が印象的でしたね。
他の映画に出てるちょっと痩せてる彼、イケメンでした~すごい役作り@@
「ロフト。」に出てるって知ったのですが、いたっけ?って思いましたもの(^_^;)

私も展開に少しは希望を持ってたんです。
しかし・・・希望は打ち砕かれました><どんより
辛く悲しいお話でしたが、最後まで引きこまれる見応えのある作品でしたね。
俳優さんたちも素晴らしかったです。
プロフィール

ポルカ

Author:ポルカ
ジョニー・デップ大好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる