遊星からの物体X

thingb.jpg

ジョン・カーペンター監督

カート・ラッセル
A・ウィルフォード・ブリムリー
リチャード・ダイサート
ドナルド・モファット
T・K・カーター
デイヴィッド・クレソン
キース・デイヴィッド

 南極。ノルウェー隊のヘリが一匹の犬を追って、アメリカ南極観測隊第4基地に現れた。銃や手榴弾を使い執拗に犬を狙うが失敗、ヘリは爆発する。犬はアメリカの基地に入れられるが、やがてグロテスクな生物に変形する。ヘリ操縦士のマクレディ(カート・ラッセル)たちはノルウェー基地に向い、そこで異様な光景を目にする。


 今まで観てなかったのかい!とツッコミを入れられそうですが(笑)SF映画ってあんまり観てなかったんだな~(^_^;)
 気になってたんだけど画像とか見て怖気づいてましたが、「ニューヨーク1997」も面白かったので、思いきって観賞。やっぱりと~っても気持ち悪かった(^_^;)でもそれだけじゃない心理的な恐さと面白さのある映画でした^^若いカート・ラッセルがまた出てて、ワイルドでカッコよかったです^^
 雪の中を走る一匹のハスキー犬(たぶん)を追いかけるヘリコプター。犬が逃げても逃げてもしつこく狙い、全力で殺そうとしてるのがわかります。グッと引きつけられるシーンで掴みはOK!犬がどうにかなるのは知ってたので、さてはこの犬が・・・と思うともうドキドキがとまらない♪この犬がほんとに素晴らしい演技で(!)表情や動きが怪しいんですよ~やがてとんでもない姿に・・・この映画だいじょぶかと不安になる(汗)
 アメリカの基地に入り込んだ生物は誰かを取り込んでは同化して、隊員たちを次々と襲っていきます。その様子はまさにホラーでした。ドクター、悲惨><「われわれは宇宙人だ」とか言わないし、ていうか挨拶なしでいきなり同化ですから(^_^;)ポールは可愛かったな~(笑)
 犬とか人間が変形するというところがグロテスクなんだと思いますね(汗)カニ(!)はちょっとおかしかったけど(^_^;)いったいこの生物の原型はどんな姿なのか是非見てみたいです。そんなインパクトある気味の悪い生物を作り出す特撮ってほんとにすごいと思いました@@ノルウェー基地から持ち帰った物の解剖シーンもリアルでした(汗)
 誰もが怪しい~~。誰が生物に取り込まれてるかわからないという状況で疑心暗鬼になる隊員たちの行動も興味深かったです。血液を検査するところはハラハラしましたね。
 ストーリーもよくできていて、衝撃、不安、緊張感のある演出が素晴らしかったです。意味深なラストもよかった。結局「面白さ>気持ち悪さ」だったので観てよかったです^^
 得体の知れない恐怖を感じさせる音楽がエンニオ・モリコーネだったのはびっくりでした@@ 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

名作ですよ^^

ポルカさん、こんばんは~☆

ポルカさんもご存知かとは思いますが、「遊星からの物体X」はリメイクなんですよ^^

オリジナルは、ジョン・ウェインの「赤い河」や「リオ・ブラボー」などを監督したハワード・ホークスが50年代に演出したそうです^^

それにしても、ジョン・カーペンターのこの作品はSFホラーの傑作です。

昨年またこの映画がリメイクされて日本でも公開されました^^

伸坊さんへ

こんにちは~。
オリジナルのことは詳しく知りませんでした。
ハワード・ホークス監督は聞いたことあります。
50年代にあのSF映画を作ってるなんてすごい!@@

まさに、SFホラーの傑作だと思いました!
昨年のリメイク作品も気になるけど、より描写がエグそうな気がするのですが・・・どうでしょう(^_^;)
女性隊員がいたようですが、そのあたりも違う感じですね。

「今まで観てなかったのかい!」シリーズ(笑)まだまだありそうなので、探していきたいと思います^^
プロフィール

ポルカ

Author:ポルカ
ジョニー・デップ大好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる