マリー・アントワネットに別れをつげて

marieb.jpg

ブノワ・ジャコー監督

レア・セドゥー
ダイアン・クルーガー
ビルシニー・ルドワイヤン
グザビエ・ボ・ボワ
ノエミ・ルボフスキー

 1789年7月14日、フランス革命勃発。バスチーユが陥落し、286人のギロチンリストがベルサイユに突きつけられる。そこには王妃マリー・アントワネット(ダイナン・クルーガー)とその寵愛を受けるポリニャック夫人(ビルシニー・ルドワイヤン)の名前もあった。王妃に心酔する朗読係のシドニー(レア・セドゥー)は変わらぬ忠誠を誓うが、非情な命令を下される。


 今気になる女優レア・セドゥーが主演ということで、チェックしていました^^原作はフランスのベストセラー小説。フランス革命勃発から3日間のヴェルサイユ宮殿の様子をマリー・アントワネットの朗読係の少女シズニーの視点で描かれています。王妃を取り巻く人たちに焦点を当てることで、当時の様子や宮廷内の緊迫した状況がよりリアルに伝わりました。
 シズニーに優しく接したかと思えば無関心になったりする王妃。王妃に憧れているシズニーは王妃の言葉にドキドキしたり不安になったり、めまぐるしく変わる表情には切なささえ感じました。王妃はファッションに興味があって、刺繍の見本帳とかがあるんです。王妃が選んで作らせたダリアの刺繍がとっても綺麗でした@@
 ドブネズミがでてきたり、シドニーが頭や虫さされだらけの腕をボリボリ掻いてたりという細かい描写が当時のヴェルサイユの不衛生な環境をうかがい知れて興味深かったです。会話から当時の女性たちが男性に対して奔放だったことも想像できます(^_^;)
 レア・セドゥ、いい!「ミッション・イン・ポッシブル~」のクールの殺し屋もカッコよかったけど、今回はマリー・アントワネットに憧れるひたむきな少女を魅力的に演じていました。スタイルも抜群で、着替えのシーンはほんとに美しかった(ヴィーナス!?)幅広い役ができそうで楽しみです♪ダイアン・クルーガーとポリニャック夫人役のビルシニー・ルドワイヤンのツーショットは貫禄&ゴージャスでしたね。
 王妃がシドニーに告げた命令はとても残酷なものでした><最初はとまどったようすでグリーンのドレスがぜんぜん似合わなかったけど、徐々にそれに見合う気高さを漂わせ、意志のある表情にかわっていくところが素晴らしかったです。
 内容的には地味ではありましたが、実際にベルサイユ宮殿で撮影されたという豪華さ、素晴らしい衣装の数々が見どころだと思います。レア・セドゥの胸の谷間にくぎ付け~~(笑) 
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「マリー・アントワネットに別れをつげて」映画&原作

マリー・アントワネットに別れをつげて [DVD](2013/07/02)レア・セドゥ、ダイアン・クルーガー 他商品詳細を見る 1789年7月14日。 バスティーユが陥落し、フランス革命が勃発したその日、

コメントの投稿

非公開コメント

興味津津

ポルカさん、この映画みたいです!
シャンタル・トマの原作「王妃に別れをつげて」とは大分趣が異なるとかどこかで書かれていたのを読みましたが……。どちらも味わいたいと思ってます。
マリー・アントワネット役がダイアン・クルーガーであることも嬉しいです。2月に彼女の作品(「敬愛なるベートーヴェン」と「戦場のアリア」)を見たのです。
マリー・アントワネットの朗読係の少女シズニーの視点から描かれたのも興味深いです。
 
3月末に見た「命をつなぐヴァイオリン」と「あの日 あの時 愛の記憶」はいずれもナチス・ドイツ軍とユダヤ人を描いてますが、感動的な作品でした。お薦めします。
あと、ロバート・レッドフォード作品の「声をかくす人」を見ました。巨匠スティーヴン・スピルバーグによるリンカーンの伝記ドラマ「リンカーン」も近々公開されます。こちらも気になります。


こんばんは

ポルカさん、こんばんは。
わ~、いいな♪
レア・セドゥにダイアン・クルーガー、私も早く観たいです。

レア・セドゥ、スタイルいいでしょう~♪
「幻の薔薇」でも素敵でした。
ホントに、いろんな役柄が出来る女優さんでもありますよね。

ポリニャック夫人も登場するのね、「ベルばら」を思い出すわ(笑)
宮殿で実際に撮影されたんですね。衣装も楽しみ~♪

やまさんへ

こんにちは~。
レス遅くなってすいません。
原作はベストセラー小説ということで気になります。
ダイアン・クルーガー、気品があって綺麗でしたよ^^
「戦場のアリア」はこちらでの上映もあったのですが、観れませんでした><
ベルサイユ宮殿内の豪華さも見どころですが、シズニーをはじめとする王妃に仕える人たちの様子が興味深かったです。

ナチスとユダヤ人を描いた映画は辛いけど胸を打つものが多いですよね。
「命をつなぐヴァイオリン」予告を観ましたが、まさにそういう作品のように思いました。お薦めありがとうございます^^
「声をかくす人」はタイトルは知ってましたが、ロバート・レッドフォードが監督とは知りませんでした@@
「リンカーン」ダニエル・デイ=ルイスの演技はやっぱり気になります^^

瞳さんへ

こんにちは~。
レス遅くなってすいません。
ちょうどいい時間だったので、観にいけてよかったです。
でもやっぱり地味な印象なのか、すごく空いてました><
レア・セドゥ、ほんとにスタイル抜群ですね@@
豪華なドレスも着たのですが、朗読係の落ち着いた色の衣装の方が似合ってました。若くて瑞々しいからかな~
アントワネット、ポリニャック夫人のベテラン女優たちは派手な衣装が似合う^^
シャンデリアとかすごい豪華でしたよ~やっぱり綺麗なドレス見るのって楽しいです♪

観ましたよ~

ポルカさん、こんにちは。
やっと観ることができました。

ダリアの刺繍、綺麗でしたね。
レア・セドゥってやっぱり惹かれます、表情に魅入っちゃいますよね。
スタイルいいよねぇ、ドレスの胸元にもドキドキ!!

美しくて優しくて、気まぐれで残酷な王妃、ダイアン・クルーガーも存在感ありましたね。
愛するポリニャック伯爵夫人の「出発します」の言葉にはっと息を飲むシーンが印象的でした。

本物の宮殿の迫力~、でもこの時代の夜ってとっても暗いのねぇ。
そこもすごく印象に残りましたよ。

原作の朗読係のシドニーは王妃よりも年上でした。王妃への充実な気持ちはとっても強いのだけれど、王妃個人よりもベルサイユという世界が無くなってしまうことに喪失感を感じる姿を強く感じました。

映画は原作とまた違う雰囲気でしたが、どちらも良かったです。

瞳さんへ

こんばんは~。
報告に来てくださってありがとうございます。

ダリアの刺繍、綺麗~マリー・アントワネットのファッションへの興味は深いものがありますね。
レア・セドゥいいですよね~クールな役も似合うし、シドニーのような純粋な少女の表情もでき、これからも楽しみですねっ^^
スタイル抜群!どのドレスも似合ってましたよね。胸元にはついつい目がいってしまいました(笑)

ダイアン・クルーガーの王妃もピッタリでしたね。
王妃の気まぐれな優しさに振り回されるシドニーが可哀そうだったけど、
やはり魅力的で、彼女が憧れる気持ちがわかりました。
夜、そうでしたね~綺麗なところもそうでないところも、いろいろな演出がリアルだったのが印象的でした。

瞳さんは原作を読まれてるんですよね、シドニーは年上だったんですね@@
王妃を温かく見守るような感じだったのかな。
原作のお話を聞くと王妃だけじゃなく、宮殿内の人たちとの関わりもより深く描かれてるような印象を受けます。読んでみたいです^^
プロフィール

ポルカ

Author:ポルカ
ジョニー・デップ大好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる