愛について、ある土曜日の面会室

ainitsuiteb.jpg

レア・フェネール監督

ファリダ・ラウアッジ
デルフィーヌ・シュイヨー
レダ・カテブ
ディナーラ・ドルカーロワ
マルク・バルベ
ポーリン・エチエンヌ
ヴァンサン・ロティエ

 フランス、マルセイユ。ある土曜日の朝、ロール(ポーリン・エチエンヌ)、ステファン(レダ・カテブ)、ゾラ(ファリダ・ラウアッジ)の3人はそれぞれの悲しみや痛みを受け入れ、運命を切り開くために刑務所の面会室へと向かう。


 2009年に製作された映画で、当時28歳だったレア・フェネール監督の長編初監督作品です。監督とっても若くて美人でびっくり@@
 ある土曜日、刑務所の面会を待つポール、ステファン、ゾラ。3人は同じ町に暮らしていますがお互いを知りません。彼らがその日を迎えるまでの物語が描かれていきます。
 ロールとアレクサンドル(ヴァンサン・ロティエ)の恋については、出会いの時からなんか危なそうな感じがしましたね。親としたら娘がこんなことになったらと思うととっても恐い(>_<)お互いに夢中な二人でしたが、アレクサンドルが逮捕されたことで、ロールの気持ちが少しずつ変わっていきます。大人な態度で接する医師のアントワンの存在も大きかったんじゃないかな。ロール役のポーリン・エチエンヌの瑞々しい演技がよかったです。
 貧しさゆえに恋人のエルザ(ディナーラ・ドルカーロワ)と衝突ばかりのステファンに高額報酬の依頼が舞い込みます。それはかなりむちゃくちゃなもので、依頼人のピエール(マルク・バルバ)も裏社会の臭いがぷんぷん(^_^;)最初はステファンに甘い言葉で接するも徐々に逃げられない状況に追い込んでいきます。仲間も登場してきて裏社会と確信(^_^;)エルザに罵声を浴びせられ、ピエールに脅されて可哀そうでした。ステファン役のレダ・カテブは「預言者」に出ていた人で、今回もムショ関係の映画でしたね。地味だけどなんか印象に残る人です。家出したエルザを迎えに行くシーンは男らしかったですね。
 息子を殺されたゾラは、その死の真相を探るためフランスに向かいます。ゾラが息子の遺体に対面するシーンがリアルで、切なかった><ゾラは加害者の姉セリーヌ(デルフィーヌ・シュイヨー)に接触することで、知らなかった息子の姿が見えてきます。女優二人の素晴らしい演技により、被害者家族、加害者家族が抱える悲しみの重さが伝わってきました。
 3人がそれぞれ色々な思い、覚悟、決意を持って向かった面会室では彼らの人生が変わった瞬間を見たような気がしました。ステファンの面会はドキドキでしたね~(汗)でも一番いい顔してました。重たかったけど、それぞれの物語を最後まで身守りたくなる、そんな人を引きつける力のある映画でした。 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

観ました!

ポルカさん、こんばんは。

この作品の監督さん、若い方だったのね、私も検索してみたら!ホント!美人さんですi-189

冒頭、子どもを連れた若い女性が助けを求めるシーンから始まって、とっても印象的でしたね。
ロール、ホントにねぇ、ああいう状況でついて行っちゃったからビックリしました。彼女、とっても可愛いですよね。
付添人のアントワン、彼がとっても気になりましたよ(笑)

ステファンは、最後までどうするんだろう・・って気になって、気になって。依頼人のピエールも、信じていいのか?コイツっていう、怪しい匂いがしましたよね。

ゾラのパートも、切なかったですね。
彼女と知り合ったことで加害者の姉のセリーヌが明るくなっていって・・・でも知ってしまうんですよね。
面会のシーンもなんともいえない気持ちになりました。

彼らの今後もとっても気になる~~。

瞳さんへ

こんばんは~。
報告に来てくださってありがとうございます。
監督、若くて美人でしたよね~びっくり@@
冒頭から引き込まれましたね。
ロールの行動、ドキドキしました(汗)彼女の気持ちの変化には、
アントワンの存在も大きかった気がします。
彼、いい感じでしたよね~

ステファンのことは、大好きな(笑)裏社会がからんだお話でしたが、
ステファンの立場に重苦しい気持ちになりました><
私も最後まで予想がつかなかったので、すごくドキドキしました。
ピエール、ただものじゃない感じがしましたね(^_^;)

セリーヌがとってもいい人だったので、複雑な気持ちになりました。
ゾラの気持ちもわかるし・・・
面会のシーン、事件の裏の複雑な関係も垣間見えた気がしましたね。

彼らのその後、どうなったんだろう~気になりますね。
でもそういう終り方もよかったと思いました^^
プロフィール

ポルカ

Author:ポルカ
ジョニー・デップ大好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる