パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

pirates5b.jpg

ヨアヒム・ローニング監督
エスペン・サンドベリ監督

ジョニー・デップ
ブレントン・スウェイツ
カヤ・スコデラリオ
ハビエル・バルデム
ジェフリー・ラッシュ
ケヴィン・マクナリー
ゴルシファテ・ファラハニ
オーランド・ブルーム
キーラ・ナイトレイ

 12歳になったヘンリー・ターナー(ブレントン・スウェイツ)はフライング・ダッチマン号に拘束されている父ウィル(オーランド・ブルーム)に会いにいく。ヘンリーはウィルの呪いを解くために必要な「ポセイドンの槍」を探すため、ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)の協力を得たいと思っていることを伝えるがウィルは反対する。
 9年後21歳になったヘンリーは英国海軍の船モナーク号の乗組員となってウィルの呪いを解くチャンスを待っていた。ある日モナーク号はバミーダトライアングルに入り込みそうになった時、突如キャプテンサラザール(ハビエル・バルデム)の幽霊船が現れる。サラザールも復讐のためにジャックを探していた。


 シリーズ5作目~すべて映画館で見ているので今回も楽しみにしてましたよ♪今まで一度も見たことないのにポール目当てで行くと言いだした主人と見てきました。「あれだけ~!」って、だから言ったじゃんカメオだって(^_^;)見逃さなくてよかった(ホッ)
 ジョニーは色々大変そうだったけど(^_^;)ジャックは色々な面で(笑)ぜんぜん変わらなくて嬉しいです^^スリルあり笑いあり感動ありで楽しめました♪今回は2世が活躍!
 父親に会いに行くヘンリーが海に飲み込まれるようなオープニングから引きつけられました。久しぶりのウィル、ワイルドになってましたねーフジツボはもちょっと多いかなって思ってたけど(笑)フジツボついててもカッコイイ^^「ジャックに関わるな!」って説得力ありましたね(笑)
 成長したヘンリーがかわいい感じのイケメン!ウィルとエリザベスの息子だと思うと感慨深いです。すごく楽しみにしてた悪役ハビエル演じるサラザールが早々に登場!ん~~なんかペラペラしてる(幽霊だから?)恐さよりペラペラゆらゆらが気になるぅ(^_^;)
 ヘンリー、もう一人新キャラで活躍する天文学者のカリーナ(カヤ・スコデラリオ)がジャックと出会うところのドタバタが面白かったです。ジャックの大胆(!)な銀行強盗は、らしさ全開で可笑しかった(笑)ギロチンシーンはまるでコントでしたね(^_^;)3人は一緒に「ポセイドンの槍」を探すことに。
 バルボッサ(ジェフリー・ラッシュ)がなんかセレブ的になっててびっくり@@バルボッサが会いにいった魔女シャンサがミステリアス!「彼女が消えた浜辺」に出てる美人の女優さんでした。出番少なかったのでもったいない気がしましたよ。バルボッサも「ポセイドンの槍」」レースに参戦~。
 サラザールの回想シーンに若いころのジャックがでてくるんですけど、CGじゃなくて若い俳優さんが演じてるみたい!ぜんぜん違和感なくてびっくり@@ジャック、恨みかっちゃってましたね(汗)
 クライマックスの「ポセイドンの槍」をめぐる闘いは「インディー・ジョーンズ」みたいで面白かった♪ラストは「スター・ウォーズ」みたい(!)で感動的でした(;へ;)
 若い二人の躍動感ある活躍がとてもよかったです。ウィルとエリザベスの登場も嬉しかったな。相変わらずジャックの存在がややこしくしてましたが(笑)それでもやっぱりカッコいいんすよねー^^まだまだジャックと仲間たちの航海が見たいなー♪
 エンドロール後にサプライズ!万能すぎる「ポセイドンの槍」でまさか・・・ 
スポンサーサイト

ライフ

lifebb.jpg

ダニエル・エスピノーサ監督

ジェイク・ギレンホール
レベッカ・ファーガソン
ライアン・レイノルズ
真田広之
アリョン・バカレ
オルガ・ディホヴィチナヤ

 火星で未知の生命体の細胞が採取され、人類初の地球外生命体の発見に世界中が興奮した。6人の宇宙飛行士が国際宇宙ステーションで細胞の調査を開始する。細胞は徐々に進化、成長し宇宙飛行士たちを襲いはじめる。


 あまりにも暑いのでSFホラーを観賞(笑)予告を見たら恐そうだし、強調されてた「砕く」が妙に気になってました。逃げ場のない密室でのパニック、面白かったです!わかりましたよー「砕く」(汗)
 ジェイクもいるし、なにげに俳優陣が豪華!真田さん、若いころ好きでした。「魔界転生」カッコよかったなー今もシブくなられて素敵です。主要メンバーとして活躍、嬉しいですね^^
 火星探査機を回収するオープニングからハラハラしてつかみはOK.。発見された細胞は冬眠してたみたいなんだけど、復活させることに成功。地球でも盛り上がって「カルビン」という名前までつけてもらいます。たしか女の子が発表してたと思いますね。しかしこのカルビン、とんでもなく恐いヤツでした@@;
 メンバーは医者のデビッド(ジェイク・ギレンホール)検疫官のミランダ(レベッカ・ファーガソン)、航空エンジニアのローリー(ライアン・レイノルズ)、システム・エンジニアのショウ(真田広之)、宇宙生物学者のヒュー(アリョン・バカレ)、司令官のエカテリーナ(オルガ・ディホヴィチナヤ)です。あっさり目に人物像を描き、それぞれのスキルを生かした行動をしていたのがよかったです。非情な選択、自己犠牲など切ない場面もありました。
 ヒューがカルビンを監察。最初は胞子のような感じだったのが、ヒトデのような形に進化します。そのうち襲うだろうと思ってたので、ドキドキでした(^_^;)みんな優秀な宇宙飛行士でいい人そうなので、今回餌食キャラ(笑)は見当たらない、いったいどうなるかと思ったのですが、順番にやられてました(汗)でもその順番が予想外!@@エグいやられ方もあって超恐かった(まさかこの人!)しかも無重力を生かして芸術的に見せるというどうかしてる演出(^_^;)
 カルビンは軟体動物みたいなので、ぴたっとはりついたり隙間を通り抜けたりして動きも速いんです。捕食しながら(汗)大きくなっていきます。最後にはタコのような足を持った見るからに凶暴な宇宙生物になってました(恐い)「全身の細胞すべてが筋肉であり脳」(!)らしくて、力も強いし頭もいいんです。ちなみに外に出ても平気でしたね@@
 逃げ場がない中、カルビンがいつ襲ってくるかわからない恐怖がハンパないです。終盤、カルビンを地球に入れないための必死の闘いが見どころだと思います。衝撃だけどツッ込まずにはいられないラスト(^_^;)好きでしたよ^^
 主役はカルビンでしたね、なのにこのメンバーは豪華。でもこんなライアンやジェイク、なかなか見れないと思うので必見(笑)  

マンチェスター・バイ・ザ・シー

manchesuterb.jpg

ケネス・ローガン監督

ケイシー・アフレック
ミシェル・ウィリアムズ
カイル・チャンドラー
ルーカス・ヘッジズ

 アメリカ、ボストン郊外でアパートの便利屋として働くリー(ケイシー・アフレック)のもとに兄のジョー(カイル・チャンドラー)が倒れたという知らせが入る。急いで病院に向かうが、ジョーは1時間前に息をひきとっていた。リーは弁護士からジョーの遺言で、ジョーの息子パトリックの後見人が自分だと聞かされる。


 アカデミー賞脚本賞、ケイシー・アフレックが主演男優賞を受賞、評価も高いので気になってました。辛い話でしたがユーモアもあり、じわじわと心に沁みる映画でした。
 人付き合いが苦手で偏屈な印象のリー、彼には想像を絶する悲しい過去があり故郷は戻りたくない場所でした。しかしジョーが亡くなったことでふたたびマンチェスター・バイ・ザ・シーを訪れることになりました。
 向き合わざるをえなくなったリーとパトリック、二人の姿を時にユーモアを交えながら描いています。パトリックはバンドにスポーツにと充実した高校生活送っているもよう(笑)振り回されぎみなのに淡々としているリーがなんかおかしかったりします^^そんなちゃっかり現代っ子のパトリックですが、やはりあふれる感情でパニックになる場面もありせつなかったです。
 リーの過失によって起こった悲劇、これは辛かった(>_<)リーの気持ちを思うと胸が締め付けられました。リーは妻のランディと偶然再会、その様子からそうとう責められたことは想像がつくので、ランデイよりリーの気持ちの方寄り添ってしまった。ミシェル・ウィリアムズの演技は素晴らしかったです。友人夫婦がすごくいい人でねー、彼らがいてよかったと思いました。
 ボストンで暮らしたいリーと町を離れたくないパトリック、問題を解決するまでの二人の思いをていねいに描いているところがよかったです。漁船について意気投合したところは微笑ましかった^^穏やかな風が流れているようなラストが印象的でした。
 リーにとってパトリックの存在は大きかったですね、彼の心の傷をすべててではないけれど自然にすこしづつ癒していったように思いました。港、街並みなどマンチェスター・バイ・ザ・シーの風景がとても美しかったです。ケイシー・アフレックの主演男優賞納得です。 
プロフィール

ポルカ

Author:ポルカ
ジョニー・デップ大好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる