高慢と偏見とゾンビ

koumanb.jpg

バー・スティアーズ監督

リリー・ジェームズ
サム・ライリー
ジャック・ヒューストン
ベラ・ヒースコート
ダグラス・ブース
マット・スミス
レナ・ヘディ
チャールズ・ダンス

 18世紀末のイギリス。謎のウイルスが蔓延し、感染した者はゾンビとなって人々を襲っていた。田舎で暮らすベネット家の5人姉妹は得意のカンフーで日々ゾンビと戦っている。姉妹の両親はそんな彼女たちを早くお金持ちと結婚させなければと焦っていた。そんな時、近所に資産家のピングリー(ダグラス・ブース)引っ越してきて、友人の大富豪ダーシー(サム・ライリー)も出入りするようになる。次女のエリザベス(リリー・ジェームズ)はダーシーの高慢な態度に腹を立てながらも彼のことが気になっていた。


 ゾンビ映画は意外と大丈夫だし、予告が面白そうだったので楽しみにしてました♪未見だったキーラの「プライドと偏見」をこの映画のために観ましたよ^^これにゾンビを足してどうなることかと思ったけど、ありでした!邪魔してない!むしろいいアクセントになってました(^◇^)
 おおまかなストーリーは「プライド~」とほぼ同じでした。ただ色々と設定が違っていて、ベネット家の姉妹は中国でカンフーの修行をしたということですごく強いんです。姉妹がお家でじゃれあうシーンがあったんですけど、もはや格闘レベルでものすごくハードでした(^_^;)ダーシーも強くて、彼は日本で武術を学んだということでした。舞踏会に侵入するなどして現れるゾンビとダーシー、姉妹たちとのバトルは見どころだと思います。
 最初にドキッ!とするシーンがあってこれはゾンビ映画でもあるんだと思い知らされます。一瞬なので心地よい驚き(笑)ダーシーの持ってる「死肉バエ」が、死肉にたかるハエの特徴を利用してゾンビを見分けるという素晴らしいアイテムでした@@
 リリー・ジェームズははじめて見たのですが、可愛いし、意志の強そうな目がいいですねーエレガントなドレスで戦う姿が素敵でした。サム・ライリーもクールでよかった。二人のハードな格闘シーン(!)はドキドキしましたよ。
 レディ・キャサリン役でレナ・ヘディ、出たー!彼女に関しては「ジャッジ・ドレッド」のラスボス役がキョーレツだったもんで強い女のイメージしかない。今回も最強の女戦士ということでアイパッチをした迫力のビジュアルでした@@
 ゾンビが主張してくる(笑)終盤は、スリルある展開でアクションも見応えがありました。エリザベスとダーシーの恋のクライマックスに目が離せません。ゾンビ映画ならではのラストもよかったです^^
 いや~面白かったです!クラッシックなゾンビも新鮮でした。「プライド~」を観たばかりだったので、あのシーンはこうなっちゃうのね@@とか比較するのも楽しかったです^^「・・・・とゾンビ」これいいかも~(^◇^)♪ 
スポンサーサイト

スーサイド・スクワッド

squadb.jpg

デヴィッド・エアー監督

ウィル・スミス
マーゴット・ロビー
ジャレット・レト
ジョエル・キナマン
カーラ・デルヴィーニュ
ヴィオラ・デイヴィス
ジェイ・コートニー
ジェイ・ヘルナンデス
アドウェール・アキイエ=アグバエ
アダム・ビーチ
福原かれん

 スーパーマンが亡くなった後の世界。アメリカの政府組織A.R.G.U.S.のトップ、アマンダ(ヴィオラ・デイヴィス)は彼のような脅威の超人が現れた時に備え、特殊能力を持つ極悪人たちを利用した特殊部隊を設立する。部隊を率いるフラッグ大佐(ジョエル・キナマン)は彼らに地下鉄で起こったテロの現場から重要人物を救出する任務を与える。


 楽しみにしてました!極悪人たちの特殊部隊、ワクワクしますね~♪先日たまたまTVでやってた「荒野の七人 真昼の決闘」の囚人をスカウトして武器を渡すシーンを見て同じっ!って思いましたよ。
 非情な極悪人たちを想像(期待)してたけど思ったほど悪い人たちじゃなかった。でも頭の中を安心して見れる悪役ヒーローものにシフトチェンジして、ひじょーに楽しく観賞できました♪やっぱりウィル・スミスには悪役のイメージはないですね。凄腕スナイパーのデッド・ショットは娘思いのいいパパだったし(^_^;)
 メンバーの逮捕された場面とか紹介的な映像ではバットマン登場でテンションUP!あとフラッシュ、エズラ・ミラーが演じてて、映画も上映予定のようです。アメコミヒーローのちょい出し、嬉しいですね^^
 ハーレイ・クイン(マーゴット・ロビー)が超キュート!!彼女の映画と言ってもいいぐらい魅力を振りまいていましたよ。元精神科医だったのは知らなかった@@恋人ジョーカーとの慣れ染め(!?)とかポップでクレイジーで楽しかった♪この二人なんか可愛い(笑)ジャレッド・レトのジョーカーはかなりクオリティが高かったです。出番も少なかったしこの作品だではもったいない気がします。 デッド・ショットとハーレイ・クインの他のメンバーもみんな個性的でよかったです。爬虫類のような外見のキラー・クロック(アドウェール・アキノエ=アグバエ)がお気に入りだったりします^^彼らがなぜ逃げたりしないかというと、首に小型爆弾が埋め込まれてるから(^_^;)
 イケメン、ジョエル・キナマンがいた!スクワッドを指揮するフラッグ大佐の役でしたが、やっぱり軍人が似合うしカッコいい。大佐のボディーガードに日本人の暗殺者(福原かれん)がいたのは嬉しかったですね。カタナというわかりやすい名前もいい^^
 考古学者ジューン・ムーン博士(カーラ・デルヴィーニュ)に取り憑いた古代の魔女(!)エンチャントレスが怪しかったですねー博士と魔女のギャップがすごい@@カーラはホラーもいける(笑)
 スクワッドのメンバーがそれぞれの能力を生かして大暴れするアクションシーンはスピード感があってワクワクしました。終盤仲間意識が生まれていい感じになって、怪しい敵たち(^_^;)との闘いに臨むところもよかったです。
 最後にはすっかり愛すべきキャラクターになってたスーサイド・スクワッドの面々^^また次の出動があったら是非見てみたいです♪そしてカラフルでおしゃれなエンドロール、めちゃくちゃ楽しくて最高でした!! 
プロフィール

ポルカ

Author:ポルカ
ジョニー・デップ大好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる