サウルの息子

saulb.jpg

ネメシュー・ラースロー監督

ルーリグ・ゲーザ
モルナール・レヴェンテ
ユルス・レチン
トッド・シャルモン
ジョー・テール・シャーンドル

 1944年10月、アウシュビッツ=ビルナケウ収容所。ハンガリー系のユダヤ人サウル(ルーリグ・ゲーザ)は、ゾンダーコマンドー(同胞であるユダヤ人の死体処理に従事する特殊部隊)として働いていた。ある日サウルはガス室で生き残った息子とおぼしき少年を発見するが、すぐさま殺されてしまう。サウルはなんとか少年を埋葬しようと考え、ラビ(ユダヤ教の聖職者)を捜すため収容所内を奔走する。


 カンヌ国際映画祭グランプリ受賞作品です。ホロコースト映画はいくつか観ていますが、今までで一番辛い映画でした。劇場では泣かなかったけど、今またこの映画に向き合ってみると涙があふれてきました。
 ゾンダーコマンドのことは知りませんでした。ナチスはユダヤ人の死体処理をユダヤ人にさせていたんですね、酷すぎる。淡々と仕事をこなすザンダーコマンドーたち、生きていくためには感情を殺してでも従わなければならないのです。
 ナチスが収容所に連れてこられたユダヤ人のことを「部品」と言っていたのは衝撃でした。もはや人間とは思っていないのです。
 サウルの周りの光景はぼかされていてはっきり見えないようになっていますが、ドアをたたく音、叫び声、肌の色、地獄のようなようすは想像できます。そんな中サウルの息子と思われるまだ息のある少年が発見され、すぐに殺されてしまいます。いたたまれない気持ちになりました。
 少年の最後を見届けたサウルは、きちんとした葬儀を行い埋葬したいと考えます。それはサウルに感情が戻ってきた瞬間だと思いました。サウルは違う部隊に潜入するなどしてラビを捜します。
 ナチスが目を光らせている中での行動は超危険!緊張感漂うシーンが続きます。他のゾンダーコマンドーたちも表立って協力をすることはしないまでも少年の遺体の確保、情報提供をしたり、かばったりしていましたね。サウルの命がけで奔走する姿に胸を打たれます。
 終盤の混乱の中、ラビだという男性が見つかり、息子をなんとか埋葬できることを願うばかりでした。後から知ったのですが、ユダヤ教では火葬では死者が復活できないと禁じられているそうです。だからサウルはあんなにも必死になっていたんですね。ラストの彼の安堵したような穏やかな笑顔が目に焼き付いています。いつの日か彼の願いが叶ったと思いたい。
 ゾンダーコマンドーたちは命がけでこの悲惨な記録を残していました。だからこそ映画にもなり知ることができたのです。そんな彼らの思いを目をそむけずに受け止めたいと思いました。
スポンサーサイト

ザ・ヴァンパイア~残酷な牙を持つ少女~

agirlwalkb.jpg

アナ・リリー・アミリプール監督

シェイラ・バンド
アラシュ・マランディ
マーシャル・マネシュ
モジャン・マーノ
ドミニク・レインズ

 イランのどこかにあるゴーストタウン、バッド・シティ。この街に夜ごと現れるチャードルをまとった少女(シェイラ・バンド)はヴァンパイアである。彼女は街で見つけた悪人やホームレスの血を吸って生き続けていた。ある夜、孤独な青年アラシュ(アラシュ・マランディ)と運命的な出会いをした少女は次第に彼と心を通わせていく。


 やっと観れたー♪夜の時間しかなかったのであきらめたんだけど、劇場で観たかったなー(>_<)モノクロでクラッシックな雰囲気と新しいセンスの新感覚のヴァンパイア映画。出会えてよかった!大好きでしたよ^^
 イランのどこかということですが、めっちゃ治安がわるそうな街。そんなゴーストタウンにヴァンパイアの少女が住んでいます。彼女がまとっているチャードルがミステリアスな雰囲気を出していていいですねーその下にはボーダーのシャツって斬新@@少女がお化粧したりダンスを踊る姿がキュート♪ポスターがたくさん貼られた少女の部屋も印象的でした。
 血を吸う相手はどうも悪人に狙いを定めているみたいなんだけど、時にはホームレスを襲ったりもします。ホームレスは可哀そうだったけど、やはりヴァンパイアは残酷なのです。「お前はいい子?」って聞かれた男の子、固まってましたね、いい子じゃなかったらどうしようかと思いましたよ(汗)恐い恐い~絶対トラウマになってる(^_^;)少女役のシェイラ・バンドはクールで美しく、そしてとっても恐かったです。
 少女と青年アラシュ(アラシュ・マランディ)の出会いの背景(汗)とりまく環境はハードだけど仲良くなっていく二人の姿はふつうの若者と変わりなく微笑ましかったです。発電所のシーンがとても美しくて芸術的。アラシュはちょっと頼りない感じが母性本能をくすぐる(笑)甘いマスクのイケメンでしたよ。
 少女が静かに後をつけるところが不気味ですねー歩調を合わせて立ち止まる。襲うところは猛獣みたいでしっかり恐いしエグいし(^_^;)この静と動の演出が素晴らしかったです。結びつけた偶然はとっても残酷だったけど、前に進む二人。車を降りたアラシュの前の分かれ道は彼の迷いをあらわしているように思いました。
 ウェスタンのような音楽、チャードルなどのファッション、スケートボードなどヴァンパイア映画に思い浮かばないようなものがこんなにハマるなんて驚きです@@退廃的な雰囲気もよかった。まだまだ奥が深いぞ!ヴァンパイア映画。
プロフィール

ポルカ

Author:ポルカ
ジョニー・デップ大好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる