ヘイトフル・エイト

hateful8b.jpg

クエンティン・タランティーノ監督

サミュエル・L・ジャクソン
カート・ラッセル
ジェニファー・ジェイソン・リー
ウォルトン・ゴギンズ
デミアン・ビチル
ティム・ロス
マイケル・マドセン
ブルース・ダーン

 賞金稼ぎのウォーレン・マーキス(サミュエル・L・ジャクソン)が雪の中を走る駅馬車を止め、乗せてくれるように頼む。馬車には客として同じく賞金稼ぎのジョン・ルース(カート・ラッセル)が囚人のデイジー・ドメルグ(ジェニファー・ジェイソン・リー)を連れていた。  馬車はウオォーレン、さらにもう一人新任保安官クリス・マニックス(ウォルトン・ゴギンズ)を乗せレッドロックまでの中継地にあるミニーの紳士用品店に向かう。ミニーの店には吹雪で足止めされた先客がいた。


 すっごい楽しみにしてました♪前作に引き続き西部劇ですが、舞台はほぼ雪に閉ざされた山小屋。3時間近い長さでしたが、監督お得意の会話の妙に最後まで引きつけられて、全然長く感じませんでした。曲者揃いのキャスティングが最高!
 R-18でしたが、「キル・ビル~」の方がよっぽど過激な気がしましたよ。たぶんウォーレンが回想する詳細すぎる性的な表現のとこだと思います(汗)カップルで観ちゃダメ(>_<)
 何かが起こりそうな不安を感じるような音楽のオープニングは「シャイニング」を思い出しました。音楽は監督が切望していたエンニオ・モリコーネ、アカデミー賞作曲賞受賞!よかったですね^^オープニングのクレジットで予想外の人の名前があって、ずっと気になってたのですが、登場も予想外でした@@つーか読みが甘かったーてっきりカメオかと(^_^;)物語は6章のタイトルから成っています。
 主役ウォーレン役はタラ監督映画常連のシャミュエル・L・ジャクソン。どんな作品の世界にも溶け込むのはすごいですね@@西部劇もとっても似合ってる。北軍の元騎兵隊の賞金稼ぎということで、眼光鋭く、肝が据わっていてなにものにも動じない凄みがありました。早撃ちも見せてくれます。「首吊り人」(!)ルース役のカート・ラッセルもいい味だしてて、ピッタリでした^^二人のリンカーンの手紙についての最初のやりとりがほのぼの(笑)新任保安官クリスの軽そーなキャラもよかった。
 まずは馬車という密室、非常に狭いので乗り合わせた4人(賞金稼ぎ2人と囚人と新任保安官)の距離が近い近い(^_^;)会話から伝わる一触即発の緊張感にハラハラしました。
 ルースのデイジーに対する扱いにびっくり@@殴られて顔がどんどん凄いことに(^_^;)それでもぜんぜん可哀そうだと思わないほどのジェニファー・ジェイソン・リーの極悪オーラ、最高でした。終盤の鬼気迫る演技もほんとに素晴らしかったので、アカデミー賞助演女優賞とってもらいたかったなー。「ルームメイト」を見た時からすごい女優さんだって思ってたんだけど、ますます好きになりましたよーすぐに「黙秘」を観ちゃったほどです(笑)
 馬車が着いたミニーの店には先客がいたのです。出迎えたメキシコ人のボブ(デミアン・ビチル)、ペラペラと調子よさそうなモブレー(ティム・ロス)、謎のカウボーイ ジョー(マイケル・マドセン)、そして微動だにしない老人スミザーズ(ブルース・ダーン)とみんな胡散臭い(;一_一)
 南北戦争を背景に交わされるセリフの応酬から、それぞれの立場や憎しみがどんどん見えてきます。差別用語連発でも監督の思いはわかるので、嫌な気分にはなりませんでした。
 そんな緊張感漂う中でもコーヒー飲んだり、食事したり、ギター弾いたりしてましたが、ある出来事からミステリーな展開になっていきます。ここから面白さも加速!衝撃度も加速!ブシャーが凄かった@@(!?)誰もが怪しい、一時も油断ならないー。そして時間をさかのぼった再現シーンも見どころです。
 ラストはまさに地獄絵図ですね(汗)ジェニファー・ジェイソン・リーの顔が恐すぎる(^_^;)だけど・・・いい話になってるじゃないですかーものすごい光景なんだけど、感動的。
 すごく面白かったです!伏線や監督のこだわってるところもいっぱいありそうなので、考えながらもう一回観たい♪突っ込みどころもあるし、誰かと語り合いたくなる映画だと思います。ウチの子供たちは観賞無理そう(笑)
スポンサーサイト

ブラック・スキャンダル

blackmassb.jpg

スコット・クーパー監督

ジョニー・デップ
ジョエル・エドガートン
ベネディクト・カンバーバッチ
ケビン・ベーコン
ダコタ・ジョンソン
ジェシー・プレモンス

 ギャングのジェームズ・ホワイティ・バルジャー(ジョニー・デップ)、弟で政治家のビリー(ベネディクト・カンバーバッチ)、二人の幼なじみのFBI捜査官のコノリー(ジョエル・エドガートン)はアメリカのサウスボストンで育った。
 コノリーはイタリア系マフィアを撲滅させるため、彼らと抗争中のホワイティに敵の情報を流すよう持ちかける。ホワイティはFBIとの密約を利用し、非情な手段で敵の組織を壊滅に追い込み、犯罪帝国を築いていく。


 実話に基づいて描かれたギャング映画ですね。ジェームズ・ホワイティ・バルジャーは11件の殺人罪(実際にはそれ以上殺してるみたい汗)その他の罪で服役中だそうです@@またもやジョニーが実在の人物になりきっています。ハゲ頭は「ラスベガスをやっつけろ」以来だなーグラサンもなんか似てる(笑)ブルーのカラーコンタクトで凄みUP!グラサンかけてない時のが恐いですから。
 警察とギャングの壮絶な戦いではなく、むしろ警察とギャングが手を組み、それがどのように行われ、どうなっていったのかが見どころだと思います。予告では3人がメインのような印象でしたが、バルジャーとコノリーの関係がメインなので、カンバーバッチの出番は少なめでしたね。ちょっともったいない。
 コノリーはバルジャーを利用しようと思ったんだろうけどそうはいかなくて、むしろバルジャーが密約を利用してやりたい放題。完全に主導権を握ってしまいましたね。コノリーの家での会食シーン、バルジャーの威圧感がすごい。バルジャーがコノリーの奥さんの部屋に行くとこが超恐かった(汗)奥さんがまるで蛇に睨まれた蛙みたいでした(・_・;)
 特に銃撃戦とかアクションとかはなくて、見せ場は殺しのシーンかな(?!)殺るタイミングがだいたいわかるので、すごい緊張しましたよ(コワイ)そんな極悪非道なバルジャーですが、地元では好かれているようだし、家族思いの面も見せているのです。
 「キンキー・ブーツ」でジョエル・エドガートンを最初に見た時は気が弱そうな感じだったのに、「アニマル・キングダム」でイメージ違っててびっくりでした@@なんかだんだんタフな感じになってる気がしますね。
 FBIとギャングが手を組むって信じられないですよね。イタリアンマフィアもだけど地元のギャングも撲滅しなきゃならないのに(^_^;)
 実話ということで興味深く、バルジャーという人物と事件についてよくわかったんだけど、特に盛り上がりもなく「そうだっんだー」という感想で終ってしまう映画でした。でも久々にシリアスな演技のジョニーが見れたのはよかったです^^  

しりあがり寿さんの講演会

kouenkaib.jpg

 2月前半に娘から情報をもらって、「図書館友の会」主催のしりあがり寿さんの講演会に行ってきました。子供の出身中学の先輩ということで、かってに親近感を持たせていただいてる(笑)しりあがりさんの楽しいお話を聞けました♪
 前日にメールをもらったのですが、近くの会館だし仕事終わってから行ける時間だったのでラッキーでした^^地元の人が多い感じでしたが、後で突っ込んだ質問をされてた昔からのファンらしき人もいましたね。
 しりあがりさんは黒っぽいスーツにスカーフという服装で、意外とお洒落@@一応「マンガとアートと静岡」というお題でしたが、ほぼしりあがりさんご自身のことについてのお話でした(笑)すでにコスプレをしていた高校の文化祭の写真や、マンガ家との二足のわらじを履いていたサラリーマン時代のエピソードなど面白かったです^^会社名を隠して16年間続けてたらしいです@@雑誌の写真、サングラスかけてました(笑)
 「しりあがり寿」ってユニークな名前ですよね、本名は「寿城さん」。1月1日生まれだから「寿」そして子供の名前には「城」という字をつけるんだそうです。「しりあがり」はしりあがりによくなるようにってことみたい^^
 しりあがりさんのアニメ(ゆるめ~しょん)を見る時間になって、プロジェクタが動かないというハプニングが!しりあがりさん自らもプロジェクタの様子を見に来たんだけどダメで、司会者が「誰か詳しい人いませんか~」と呼びかけ、近くにいた男性が「スイッチ長押しじゃないですか~」みたいな。その通り長押しで解決(笑)なんかゆる~い和気あいあいとした雰囲気で、とっても楽しい時間を過ごさせていただきました♪

aoikunb.jpg
しりあがりさん作、地元葵区のマスコットキャラクター「あおいくん」
会場では服を着せた方がいいんじゃなかという意見が(笑)回覧板には彼が描かれています^^

menosuku2b.jpg
menosuku1b.jpg
スクランブル交差点にあるしりあがりさん家のビル、「目のまえスクランブルビルディング(めのスク)」
ネーミングが実にユニーク(^◇^)よく通る場所なのにぜんぜん気がつかなかった(>_<)絵もかわいいですね。

hokusaib.jpg
パリで開催された「葛飾北斎の展覧会」に伴って製作されたゆるめ~しょん「北斎の旅」
この北斎さんが音楽にのり、踊りながら旅をするシュールでごきげんなアニメです(検索したら出てくると思うので是非!)。

kotobukib.jpg
プロフィール

ポルカ

Author:ポルカ
ジョニー・デップ大好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる