雪の轍

wadachib.jpg

ヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督

ハルク・ビルギネル
デメット・アクバァ
メリサ・ソゼン
ネジャットイシレル

 トルコ カッパドキア。元舞台俳優のアイドゥン(ハルク・ビルギネル)は親から膨大な遺産を受け継ぎ、ホテルのオーナーとして何不自由なく暮らしている。しかし彼の美しい妻ニハル(メリサ・ソゼン)との関係がうまくいかず、一緒に住む妹のネジラ(デメット・アクバァ)ともぎくしゃくしはじめていた。さらに家を貸している一家から思わぬ恨みをかってしまう。


 カンヌ国際映画祭パルムドール受賞作品ですね。監督の作品が日本公開されるのは初めてみたい。そんな記念すべき作品を劇場観賞できたのはよかったです^^上映時間3時間16分、長いっ。しかも会話のシーンが多いので、やっぱりちょっとだけ睡魔、襲われました(しかたなし?)。 
 岩に囲まれているカッパドキアの風景が素晴らしかった!大きな岩自体がホテルや住宅になってるんです。中の壁とかも岩@@自然の力強い主張みたいなものを感じる場所でした。行ってみたい!こんなホテルに泊まってみたい!
 お客に日本人がいたのは嬉しかったなーわさびの話とかしてましたよ^^彼は俳優じゃなくてトルコに留学してた人だったみたい@@アイドゥンて見た目はとっつきにくい感じだけど、ぜんぜん違った。宿泊客に気さくに声をかけていて、とっても優しそうでした。
 物語はアイドゥンと周囲の人たちとの関係が描かれています。お互い傷つけ合う言葉の応酬、彼らの会話から内面をあぶり出していく感じがしました。アイドゥンの資産で慈善活動をする妻、出戻りの妹にはあまりいいイメージを持たなかったな。妻ネジラ役のメリサ・ソゼンが綺麗!
 アイドゥンが家を貸しているイスマイル(ネジャット・イシレル)一家が家賃を滞納、家具を差し押さえたことで彼らから恨みをかってしまいます。アイドゥンは人に任せていて知らなかったみたいだし、家賃払わないイスマイルが悪いのにあの態度はねぇ。息子にきちんと話しているのかも疑問です。間に入って気を使うイスマイルの弟ハムディの姿が痛々しかった。
 野生の馬を捕まえるシーン、体力の限界まで抵抗する馬の姿がとても凛凛しかったです。カッパドキアって「美しい馬の地」を意味するそうです。重苦しい雰囲気の中、アイドゥンが身を寄せた友人宅での男だけの酒盛りがユーモアあるシーンでした(笑)
 それぞれに立場や考え方が違う人との関わりの中で、相手を理解しようとすることが大切だということを感じました。夫婦、兄妹であっても同じだと思いますね。ニハルがイスマイルを訪ねるシーンではそれが悲劇的に描かれていたと思います。ラストは雪解けの予感^^
 会話とか哲学的で難しいところもありましたが、芸術的で映像も美しかったです。けっきょく素晴らしすぎるカッパドキアの自然が一番印象に残った映画でした(^_^;) 
スポンサーサイト

チャイルド44 森に消えた子供たち

child44b.jpg

ダニエル・エスピノーサ監督

トム・ハーディ
ゲイリー・オールドマン
ノオミ・ラパス
ジョエル・キナマン
パディ・コシンダイン

 1953年、スターリン体制下のソ連。9才~14才の子供たちが全裸の変死体として発見される。犯罪なき理想国家をかかげるスターリンは、殺人事件は国家の理念に反するところから事故として処理してしまう。秘密警察の捜査官レオ(トム・ハーディ)は親友の息子の死をきっかけに、自らが秘密警察に追われる立場になりながらも事件の捜査を開始する。


 原作読んでるんだけど、大まかな内容しか覚えてなくて・・・(^_^;)思ってたイメージとはちょっと違ってました。
 子供の殺人事件がメインじゃなくて、デミドフ夫婦に焦点を当てて描かれた物語だと思いました。スターリン体制下という時代背景がとても重要になっています。
 秘密警察は反政府的な運動、思想が疑われる人たちを容赦なく弾圧していました。国民の中にも密告者がまぎれているのが恐いですねー疑われたら最後です(>_<)スパイ容疑の獣医ゴロツキー逮捕のシーンは彼らの非情さに憤りを感じました。
 レオの妻ライーサ(ノオミ・ラパス)にスパイ容疑がかけられたことから、夫婦の運命が大きく変わり始めます。秘密警察の捜査官の妻がスパイ容疑って!さあどうする、レオ。緊張感ある展開に目が離せません。
 並行して子供たちが次々と行方不明となり、惨殺体で発見されるという事件が発生。事故死として処理されてしまうのですが、あきらかに怪しい。後半はレオがライーサ、ネステロフ将軍(ゲイリー・オールドマン)の協力を得ながら事件の捜査をし、犯人に迫っていくところが見どころです。秘密警察に追われるスリルと犯人の推理が面白かったです。
 レオの元部下ワシーリーがとにかくイヤな奴で、昔恥をかかされたことを逆恨み?ライーサへの横恋慕?なのかレオを目の敵にしてるのです。ジョエル・キナマン、新ロボコップですよね。イケメンなのに(笑)超憎たらしかったです。ノオミ・ラパスは目をひくようなタイプではなかったけど存在感はあったし、ハードなアクションも頑張っていましたね。ヴァンサン・カッセル、パディ・コシンダインも手堅いキャステイングだと思いました。コシンダインが老けててびっくり@@
 目的の一つだった(笑)ゲリオはやっぱり素敵でしたよ^^でもバットマン~といい主役を助ける警官役になっちゃって、なんか寂しいですね。若い頃だったらワシーリーの役ハマってたと思う。ゲリオの悪徳警官が見たいー「蜘蛛女」のDVD買おうかしらん(笑)
 レオは内面の優しさが出ていましたね。さらにタフであるとなるとやっぱりトム・ハーディはぴったりでした。レオとライーサは大変な状況になってしまうし、危険な目にも遭うのですが、二人の関係がどんどんよくなっていくところがよかったです。ラストもよかった。重厚なミステリーで、かなり好きなタイプの映画でした。製作はリドリー・スコット監督なんですよね、納得。  

ハンニバル シーズン1(海外ドラマ)

hannibal1b.jpg

製作総指揮 ブライアン・フラー

ヒュー・ダンシー
マッツ・ミケルセン
ローレンス・フィッシュバーン
カロリン・ダヴァーナス
ジリアン・アンダーソン

 FBIアカデミーの講師ウィル・グレアム(ヒュー・ダンシー)はあらゆる犯人に共感し、その動機や犯行当時の感情、行動を再現できる能力を持っていた。FBI行動科学課ヘッドのジャック・クロフォード(ローレンス・フィッシュバーン)はウィルの特殊な能力に着目する。元心理学教授のアラーナ(カロリン・ダヴァーナス)は反対するが、ジャックは精神科医ハンニバル・レクター(マッツ・ミケルセン)にウィルの精神鑑定を依頼し、殺人事件の捜査に加える。


 マッツがハンニバルを演じるって知った時から興味しかなかったし(笑)ハマるって思ってました♪ドラマということで長丁場になるし、なかなか手が出せなかったのですが、ついに観賞開始~(^◇^)面白い!マッツのレクターは最高ですよ!
 トマス・ハリスの小説「レッド・ドラゴン」が原作になってるようです。映画でエドワード・ノートンが演じたのがウィル・グレアムでしたね。ドラマではレクターの正体はまだわかっていなくて、精神科医としてウィルと接しています。
 ウィルは殺人現場で犯人と共感、犯人の行動が見えちゃうのです。ウィルが犯人となって犯行の一部始終を行う再現VTRみたいな感じで映し出されます(コワイ)。毎回殺人現場が出てくるんだけど、これがかなりエグい(汗)猟奇殺人なのでね。
 映像がけっこう明るいので、ストレートに目に入ってくるんですよね(^_^;)最初はギョエ~って思ったけどだんだん慣れてきてもう死体は見あきちゃった~みたいな感じになりましたが(笑)
 ウィルは捜査に協力するうち、幻覚を見たり記憶が抜けたりだんだん精神が危うくなってきます。そりゃあたびたび犯人になりきってればねぇ~(^_^;)ウィルに興味を持ったレクターはカウンセリングをするなど深く関わったいきます。レクターにも女性の精神科医がいて、たびたびカウンセリングに行くのですが、二人の会話がスリリングでした。
 殺人事件に見え隠れするレクターの影が不気味。事件にまぎれて食材を調達みたいな(?!)ウィルとジャックに信頼される中で痕跡を残さず殺人を続けるレクターは、ウィルの記憶を操り罠を仕掛けてきます。
 毎回レクターが料理を作るシーンも見どころの一つだと思います。すごくこだわっていてマッツの手際の良さも料理も美しいんだけど、食材を想像するとぜーんぜん美味しそうに見えません(^_^;)
 マッツが素敵すぎる!優しい笑顔と時折見せる残酷さにぞくぞくします(笑)スタイルがよいからスーツが似合うんですよねー色々なスーツをおしゃれに着こなしてるので、ネクタイとのコーディネートとか参考にされるとよいと思います。料理する姿もステキでしたよ^^マッツの魅力を堪能できる要素てんこ盛り(笑)
 ヒュー・ダンシーはたぶんはじめて見たと思うけど、ジョニーとオーリーを足して二で割って二人ほどイケメンじゃない感じ(ん?)ウィルは精神不安定ながらも頭がいいし芯の強さも感じるので、これからレクターとどう対決していくか楽しみです♪
 脇を固めるリーダーが似合うローレンス・フィッシュバーン、ウィルの理解者で元心理学教授アラーナ役のカロリン・ダヴァーナス、二人とも存在感があってとてもよいので、是非殺されないで欲しいです(危ない?)

P.S.すでに「シーズン2」突入しています。ついにウィルがレクターの正体に気づく!超迫力の意外なオープニング、掴みはOKですぞ!しばらく旧作映画の方に戻れなさそう(^_^;)
プロフィール

ポルカ

Author:ポルカ
ジョニー・デップ大好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる