ニュー・シネマ・パラダイス

newcinemab.jpg

ジョゼッペ・トルナトーレ監督

ジャック・ベラン
フィリップ・ノワレ
サロヴァトーレ・カシオ
アニェーゼ・ナーノ
ブリジット・フォッセー

 ローマ在住の映画監督サルヴァトーレ(ジャック・ベラン)は故郷の母からアルフレード(フィリップ・ノワレ)が死んだという知らせを受け取る。少年時代トト(サルヴァトーレ・カシオ)と呼ばれていたサルヴァトーレは何度も映画館に入り込み、映写技師のアルフレードにつまみ出されていた。


 「今まで観てなかったのかい!」シリーズです。映画好きならたいがい観ているであろう作品ですね(^_^;)劇場版が観たかったのですが、レンタルはないしDVDは高いし無理そうなので、完全オリジナル版を観賞しました。
 今はほとんどがシネコンという時代、何年か前にも地元でよく行っていた映画館が取り壊され、ショッピングセンター内のシネコンになりました。シネコン快適~♪とか思ってますが、若かりし頃に「レッド・ツェッペリン狂熱のライヴ」「~夫人」(!)などを観た都内の小さな映画館のことなどを思い出し、懐かしい気持ちになりました。
 トトの少年期と青年期の回想、そして映画監督となった現在の姿を描いています。トト少年役のサルヴァトーレ・カシオの自然な演技が素晴らしかった!くるくる変わる表情と笑顔が愛くるしいんです。トトとアルフレードとの掛け合いがユーモラスで楽しかった。
 青年期のトトは少年トトの面影がなくきりっとした顔立ちに成長してましたね。ここでは彼のラブストーリーが描かれています。トトが恋するエレナ(アニェーゼ・ナーノ)がすごく綺麗だった!トトの一途さは、ストーカーともとられかねない行動でしたが、彼の思いは通じましたね^^キラキラした二人、美しい。
 以前観た「鑑定士と顔のない依頼人」を観ていけずな監督と思ったけど、この映画でも健在でしたね。ものすごく盛り上がってうきうきするシーンのすぐ後にドーンと突き落とすような演出や、トトとエレナの恋のゆくえに関してもいけずでした。
 エンニオ・モリコーネの音楽が映画の雰囲気を作っていましたね~この音楽を聞くとノスタルジックな気持ちになるんですよ。シチリアののどかな風景も美しかったです。
 映画によって繋がっていたトトとアルフレードの絆には温かいものを感じました。アルフレードはトトに夢を託したのかもしれませんね。私が特に印象に残ったのは、映画館での村人たちの表情です。人々の心を豊かにする、映画の持つ力を感じました。自然に笑みがこぼれてしまうようなラストはとてもよかったです。
 エレナとの再開のストーリーなどオリジナル版に追加されたシーンがない場合を考えてみると、だいぶ違う印象になりそうな気がします。劇場版の方も観てみたいな~><
スポンサーサイト

第53回静岡ホビーショー

hobbys1b.jpg

 今年も行ってきました♪プラモデル、ラジコン、鉄道模型の国内有名模型メーカー他78社が注目の新商品などを展示。さらに一般公開日(5/17、18)には全国のモデラーズクラブ、222のクラブが参加して、作品を展示していました。その数約8000点(!)模型の街静岡ならではのビックイベントは盛り上がっていましたよー♪

hobbys7b.jpg
きれいにディスプレーされているミニカー、昔のカローラとか古い車種がカッコいいのだ!

hobbys6b.jpg
「マークⅣ戦車」キャタピラーだけの味のある菱形戦車、動いてました。

hobbys5b.jpg
これは走ってたら目立つね@@車種は・・・86!

herob.jpg
ヒーロー大集合!ロキ様いないの><

hobbys3b.jpg
hobbys2b.jpg
本物の戦車ですよー!「陸上自衛隊の10式(ひとまるしき)戦車」すごく大きくてびっくり@@
なかなか近くで見る機会なんてないから、実は目当てはこれでした^^

hobbys4b.jpg
息子の作品「ヘドラ」これは私の妹に頼まれて作ったのですが、近くで見るとかなり気持ち悪いです(^_^;)
会場のフリーマーケットで掘り出し物を見つけて、大収穫だったようです(笑)

 17日に行ったのですが、ものすごい人でした。圧倒的に大人の方が多かったですね(笑)プラモデルだけじゃなく、ミニカー、ミニ4駆、モデルガン、フィギアなど色々展示されていて、いくら見てても飽きません♪毎年展示されるモデラーズクラブの作品のクオリティの高さには感心していまいます。石坂浩二さんのクラブも参加していて、18日には来ていたそうです。会場が広すぎて短い時間では見きれない><開催中はタミヤ本社の見学もできるので、模型好きにはたまらないようですね。毎年恒例のイベント、今年も楽しかったです♪

ラストスタンド

laststandb.jpg

キム・ジウン監督

アーノルド・シュワルツネッガー
フォレスト・ウィテカー
ジョニー・ノックルヴィル
ロドリゴ・サントロ
ジェイミー・アレクサンダー
ルイス・ガストマン
エドゥアルド・ノリエガ
ピーター・ストーメア
ハリー・ディーン・スタントン

 元LAPDの敏腕刑事オーウェンズ(アーノルド・シュワルツネッガー)は、第一線を退き国境付近の小さな町の保安官となっていた。ある日、FBIから移送中の凶悪犯がメキシコに向かって逃走、もうすぐ町を通過すると連絡が入る。オーウェンズは仲間とともに凶悪犯罪集団に立ち向かう。


 シュワちゃんお久しぶりの主演作です。キム・ジウン監督と知って、俄然観たくなりました♪監督の初アメリカ作品なんですねっ。「悪魔を見た」で引いちゃった人も安心して観れる娯楽映画だと思います^^
 麻薬王コルテス(エドゥアルド・ノリエガ)(イケメンです!)が移送中に逃走。FBIがコルテスの手下にまんまと出し抜かれるところがまず見どころです。FBIはいいとこなし><
 コルテスは特別仕様のスポーツカーに乗ってメキシコ国境にまっしぐら。スポーツカーはシボレー・コルベットZR1だそうでメチャカッコよかったです。ビューンってものすごく早い!400キロ出るらしいですよ@@
 町にコルテスの手先がまさかの前乗り。手下のボスはストーメア、こういう役は手慣れたものですねっ(ナイス悪役!)いつも決まった時間に牛乳を配達してくれる牧場主のおじいちゃんが、こないのでおかしいと心配するところは、小さな町ならではの繋がりの深さを感じました。
  シュワちゃんはやっぱりオーラがありますね~ただの田舎町の保安官じゃない威厳がありましたね。「歳かな」みたいなセリフもあるように若干キレのない動きも味があってよかったです。
 チームオーウェンズの面々が個性的でみな好感が持てました。一見あぶなそうな銃器マニアのルイス(ジョニー・ノックルヴィル)も活躍していたし、実は一番タフだった(?)マイク(ルイス・ガスマン)、紅一点のサラ(ジェイミー・アレクサンダー)のアクションもキマってました^^そしてもう一人のイケメン、フランク(ロドリゴ・サントロ)もいるのだ!(目の保養^^)
 「凶悪犯をぜったい通してはならぬ!」オーウェンズ率いる保安官&ヘビィな民間人というたったの5人で凶悪武装集団に立ち向かう姿に感動、そして応援してしまいます。アクションシーンは、カーアクション、銃撃戦、1対1の肉弾戦と盛りだくさん。特にド派手なカーアクションが見どころです(スバラシイ♪)人情味がある演出は好感が持てたし、爽快で楽しめる映画だと思います^^
 キム・ジウン監督の作品はいくつか観ていますが、今回はエグさ抑えめで娯楽映画に徹しているって感じでしたね。私は同じアクション映画の「グッド・バッド・ウイアード」の方が好みかな。なんたってガンホも出てるんで(^◇^)

思い出のおもちゃ展

showa2b.jpg

 模型のまち静岡市の駅前にあるホビースクエア(模型専門の常設展示場)で開催されている「思い出のおもちゃ展」に行ってきました♪昭和の懐かしいおもちゃが色々展示されていましたよ^^

showa8b.jpg
ブリキのロボットたち

showa9b.jpg
ハリウッド版も公開されるゴジラ

showa3b.jpg
当時は私も持っていたリカちゃん、今のリカちゃんとは顔も違っていて小さい感じがする。

showa5b.jpg
バービー、ファッションショーのランウェイが素敵♪

showa1b.jpg
バットモービル、鑑定額はなんと180000円!@@


showa4b.jpg
歴代のライダーベルト、色々な仮面ライダーが生まれ、今も子供たちに愛されているってすごい!

 古いブリキのおもちゃなどの高額な鑑定額にはびっくり@@リカちゃん人形やハウスは懐かしかったです。
昭和オタクの主人は大満足でした^^

showa7b.jpg
showa6b.jpg
常設の展示場には戦艦やミニカーなどがあり、こちらも見応えがあります。

 5/17、18には別の場所ですが、「静岡ホビーショー」が開催されます。
10式戦車(本物)がやってくるらしいです!是非とも行かなければ!

悪魔を見た

akumab.jpg

キム・ジウン監督

イ・ビョンホン
チェ・ミンシク
オ・サナ

 ある夜、雪が降る夜道でレッカー車を待つ若い女性が、連れ去られ殺される。若い女性は国家情報院捜査官スヒョン(イ・ビョンホン)の婚約者だった。スヒョンは独人犯人を捜しあて、復讐する。


 「~熱帯魚」と続けて観たわけではありません(笑)キム・ジウン監督でビョンホンも出ていた「グッド・バッド・ウィアード」「甘い人生」が面白かったので、気になってました。キラースマイルを封印して、冷酷な復讐者を演じたビョンホンはひじょーにカッコよかったです^^サービスショットは控えめ(笑)「復讐の映画」「必殺仕事人」が大好きなので、この映画はハマりました^^
 最初の車のシーンがめちゃくちゃ恐かった!不気味なほどの静寂、これから起こるであろう何かに心臓バクバク(汗)そしてその静寂はいきなり打ち破られます(コワイよ~><)ギョンチョルの作業場、犯行を映し出す映像もショッキングでした><久しぶりのミンシクでしたが、やっぱり怪しかった(笑)彼にしかできない猟奇殺人犯を作り上げてましたね(スバラシイ!)
 スヒョンが犯人と思われる人物を一人ずつひどい目にあわせるところは、やりすぎと思うくらい容赦なくて、彼の強い決意があらわれているように思いました。
 スヒョンがわりと早くにギョンチョル(チェ・ミンシク)にたどり着いたので、あれれ?と思ったのですが、スヒョンの復讐は予想外のものでした(そういうことか@@)この復讐は新たな被害者がでるに決まってるので、ひじょうに危険なのです。
 スヒョンに半殺しというレベルのものではないくらいボコボコにされるギョンチョル、実際なら3回ぐらい死んでますね(^_^;)どんなけタフなんだ~不死身?暴力描写はハードでした@@
 悪が解き放たれる(!)終盤の緊張感が凄かった!スリリングでスピード感ある映像にくぎ付けになりました。しかし、スヒョンの復讐の完結がね~好きではないタイプでした><後味が悪いんですよね。それをあらわすようなスヒョンのむなしい表情が印象的でした。
 静寂や暴力描写など恐怖をあおる演出の妙、ハードなアクションシーンも見どころだと思います^^   
プロフィール

ポルカ

Author:ポルカ
ジョニー・デップ大好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる