ドラゴン・タトゥーの女

dragontattob.jpg

デヴィッド・フィンチャー監督

ダニエル・クレイグ
ルーニー・マーラー
クリストファー・プラマー
ステラン・スカルスガルド
スティーブン・バーコフ
ロビン・ライト

 月刊誌「ミレニアム」で大物実業家の不正行為を暴いたジャーリストのミカエル(ダニエル・クレイグ)に、大物財閥ヘンリック・ヴァンケル(クリストファー・プラマー)からの依頼が舞い込む。それは40年前に一族が住む孤島から何の痕跡もの残さず消えた少女ハリエットの事件についての調査だった。
 連続猟奇殺人事件がハリエットの失踪に関わっていると察したミカエルは天才ハッカー リスベッド(ルーニー・マーラー)に協力を求める。


 原作はスウェーデンの小説「ミレニアム」三部作。デヴィッド・フィンチャー監督とこの作品は相性がよかったですね、屈折した主人公、猟奇殺人事件を描くのはお手のもの^^
 オープニング、カッコよかった~!ダークでスタイリッシュな映像に大好きなレッド・ツェッペリンの曲がこんなにハマるなんて~ノリノリ♪
 スウェーデン版を観てて、犯人や展開もわかっちゃってるので安心して観てられました(^_^;)こちらのみを観た人よりは衝撃度がだいぶ薄れると思うけど、いい具合に忘れてるところもあるし演出の仕方は違うので楽しめました^^映画が終って時計を見てびっくり@@2時間40分ぜんぜん長く感じませんでした^^
 謎解き部分も面白いのですが、見どころはやはり見た目もびっくりなリスベットというキャラクターについてです。天才ハッカーで調査する力は抜群、ハリエットの事件でもその能力を発揮します。後見人付きというわけありな過去も気になります。後見人とのシーンはスウェーデン版の方が衝撃的だったかな。
 ルーニー・マーラー可愛すぎ!インパクトある風貌でもやっぱり女の子って感じ。あらためてノオミ・パラスのキョーレツさを実感(^_^;)ミカエルとのラブシーンも衝撃的でしたもの@@でもここまで変身したすごさ、彼女が作り上げたリスベットもとても魅力的でした。 
 ダニエルはハマり役でしたね、彼瞳がめちゃキレイだということがわかりました(笑)今回は腕力じゃなく知能で勝負、強すぎないというところもよかったです(笑)リスベットに押されてあたふたするところもかわいかった^^メガネを耳の穴にかけてる姿がチャーミングで、真似してやってみた(笑)
 クライマックスの演出は凝ってましたね~異常さが強調されててぞくぞくしました。リスベットがバイクで疾走するところはカッコよかったです。 スウェーデン版ではリスベットの過去に触れていてい続編があるような展開でしたが、こちらは1話で完結でもよいという感じがしました。ラストのあれいる?イメージが変わりすぎちゃう。ルーニーのリスベットならではのシーンでしたね、ノオミだったら引いてます(^_^;)
 フィンチャー版はスピィーディで常にに引きつけられるエンターテイメント性が高い作品だと思いました。スウェーデン版の方は推理小説を読んでるようなじっくり見せる演出でこちらの方が好きかな。2作目はアクションシーンも多いので、フィンチャー版の続編も是非観てみたいです。  
スポンサーサイト

やがて来たる者へ

yagatekitarub.jpg

ジョルジョ・デイリッティ監督

アルバ・ロルヴァケル
マヤ・サンサ
グレタ・ズッケリ・モンタナーリ
クラウディオ・カサディオ

 第二次世界大戦中のイタリア、北部の都市ボローニャに近い静かな村。連合軍が南イタリアに上陸して以来、ナチス・ドイツとパルチザンの攻防が激化、山間のこの村にも戦争の影が迫っていた。
 大所帯の農家の一人娘、8歳のマルティーナ(グレタ・ズッケリ・モンタナーリ)は弟を亡くして以来口をきかなくなっている。母のレナ(マヤ・サンサ)はふたたび妊娠し、マルティーナと家族は新しい子供の誕生を心から待ち望む。


 第二次世界大戦中、ナチス・ドイツによる国内最大の住民虐殺事件「マルザボットの虐殺」について描かれています。以前観た「セントアンナの奇跡」を思い出し、当時のイタリアではいくつも同じような事件が起こっていたのだと思うと胸が痛みます。
 この映画、映像がめちゃくちゃきれいでした@@自然に囲まれた山間の村の風景がすばらしかったです^^
 マルティーナの家は両親や親戚などが一緒に暮らす大家族です。農作業をする男たち、若い娘たちはかくれてダンスに行ったりして楽しそう。叔母のベニャミーナ(アルバ・ロルヴァケル)は小さいマルティーナをとっても可愛がってくれます。
 口がきけないことで同級生からからかわれたりもしますが、動じずマイペースなマルティーナ。彼女の行動のひとつひとつがとってもかわいい^^
 そんなのどかに暮らすマルティーナの家にもドイツ兵やパルチザンが訪れ、やがて彼らの戦いに巻き込まれていきます。子供のマルティーナにとってはどっちが敵か味方かもわかりません。マルティーナの書いた作文、「なぜ、ドイツ兵はここにきたの?なぜ家族と一緒に過ごさないの?・・・」戦争の事情などわかるはずもない子供が素直に感じる疑問に大人たちは慌てます。
 マルティーナは偶然衝撃的な現場を目撃してしまいます。過酷な現実をとらえる大きな瞳から彼女の声なき声が伝わってきました。
 マルティーナ役のグレタ・ズッケル・モンクナーリちゃん、可愛かったですね~美人さんになりそう。今後が楽しみですね^^
 ドイツ兵のパルチザン掃討作戦は凄惨で、怒りと深い悲しみがこみ上げてきました。マルティーナは苦痛に顔をゆがめることも泣き叫ぶこともしません。ただひたすら弟を守り、まるで運命を受け入れているかのような姿に罪の重さをより強く感じました。
 今もどこかで起こっている戦争がなくなり、子供たちが辛い思いをすることのない世界になることを願います。 

ゴモラ

gomorra.jpg

マッテオ・ガローネ監督

カルミネ・パテルノスタル
ジャンフェリー・インバラート
サルヴァトーレ・アブルッツェーゼ
サルヴァトーレ・カンタルーボ
トニー・セルヴィッロ
 
 イタリア、ナポリを主な拠点とする都市型の暴力、犯罪企業集団カモッラ。ドラッグの売買、産業廃棄物の不法投棄、オートクチュール・ファッションの製造などで不正な利益を得ている。
 敵対する組織の抗争が絶えない地域で育ったトトは、度胸試しの恐ろしい儀式を経験する。組織の一員となり悪事に手を染めるトトにある指名が下る。


 大好きな裏社会もの~~♪なんていうルンルン気分はすぐさま吹き飛ばされました(汗)
 カンヌ国際映画祭グランプリ作品です。イタリアの新興マフィア カモッラの実態を描いた映画です。原作のロベルト・サヴィアーノは自らカモッラに潜入して調査したそうです。その為カモッラから命を狙われ、今も24時間警察の保護下におかれています。恐っ!@@監督は大丈夫なのかな?心配になります(^_^;)
 フィクションですが、実際にこういう事やってますよ~的なリアルさがひしひしと伝わってきます(^_^;)
 オープニングから衝撃的、いつもなら掴みはOKなんでしょうが怪しいネオンがともる映像に言いようのない恐さを感じました。なんかこの映画違うぞ(汗)
 カモッラの活動はドラッグの売買だけでなく、産業廃棄物の不法処理やファッションの製造などもおこなっていて、莫大な不正利益を得ているといいます。
 産業廃棄物処理は、カモッラの関係者二人が宇宙服のようなもをを着ていたのをみてもかなり危険なものと思われます。クロム、アスベストの文字もでてきました(汗)そこで見たのは少年たちが大型トラックを慣れたハンドルさばきで運転する光景@@希望を抱いてアシスタントとして働くことのなったロベルト(カルミネ・パテルノスタル)は、現場を目の当たりにして疑問を抱いていきます。やがて彼が下した決断がこの映画の中で唯一の救いでした。
 産業廃棄物処理を仕切っているフランコ役のトニー・セルヴィッロ(「湖のほとりで」に出演)は存在感がありました。
 仕立屋のパルカルの秘密の行動に対する組織の報復では、組織の恐さを思い知らされました(汗)組織に従わないものは排除されてしまうのです。
 13歳のトトが組員になるために経験した儀式は、もはや度胸試しとは言えないレベルのものでしたね@@やがて悪事に手を染めていくトト、組織からのとても非情な指令をやり遂げた彼の冷たい表情には何の感情も感じられませんでした。そうやって少年たちはカモリスタ(かわいい響きだけど組員のこと)になっていくのでしょうね。
 敵対する組織の抗争も絶えないらしく、巻き込まれてしまうこともあります。防弾チョッキに身をつつみいつもおびえたような表情の組織の帳簿係ドン・チーロ(ファンフリー・インバラート)の姿が印象的でした。
 マフィア映画を堪能なんて考えてましたがカッコイイ演出なんてまったくなく、本物の恐さにただただ驚きとショックを受けました。カモッラの人たちがみなメタボ体型なのが気になる(笑)
 まさに命がけの潜入調査によって知ることができたカモッラの世界、興味深く観賞させていただきました^^
 ちなみに「ゴモラ」は旧約聖書に記された悪徳の町ゴモラになぞらえているそうです。怪獣ゴモラの名前の由来もここからなのかな?(^_^;)

生き残るための3つの取引

ikinokorub.jpg 

リュ・スンワン監督

ファン・ジョンミン
ユ・ヘジン
リュ・スンボム
チョン・ユンシク
マン・ドンソク

 世間を騒がす連続殺人事件の犯人逮捕に失敗した警察は犯人でっちあげを計画。広域捜査隊の刑事チョルギ(ファン・ジョンミン)に昇進と引き換えに裏工作を依頼する。
 チョルギは裏組織でもある建設会社社長チャン・ソック(ユ・ヘジン)を使って犯人を仕立てるが、チェ検事に嗅ぎつけられる。


 韓国映画続いてます(笑)韓国映画は犯罪ものが面白い!韓国映画コーナーを物色してたらそういえばコレ観たかったんだっということを思い出しました(すっかり忘れてた)
 邦題からして興味をそそられますよね~何だその取引って?
 「犯人捏造」「証拠隠蔽」「検事買収」とあぶなそ~な取引について展開されていきます。
 しょっぱなから笑いをとりにきてましたね~(^_^;)シリアスな作品なのに笑いをとりにくるのって韓国映画の特徴なのかも(笑)
 連続殺人事件の解決に焦る警察は「犯人を作ってしまえ」というとんでもない手段にでる。そこで白羽の矢がたったのがチョルギ刑事でした。優秀だけど学歴がないことで出世できないチョルギに取引をもちかけたのです。チョルギは親交がある建設会社社長を巻き込みニセの容疑者を仕立てることに・・・
 建設会社社長チャン・ソックは裏組織の人でもあるので、なかなかの曲者です。ユ・ヘジンは「黒く濁る村」では村長の腰ぎんちゃくのおっちょこちょいキャラでしたが、今回は凄みのある恐~いキャラですごいギャップ@@インパクトのある顔立ちなのですぐにわかりました(笑)
 事態に気付いた検事チュ・セン(リュ・スンボム)の動きも注目です。彼は今回初めて見たのですが、とてもユニークで個性的、曲者俳優の臭いがプンプン(笑)
 映画はそれぞれの利害関係も絡んでの駆け引きが見どころだと思います。三者三様のキレかたも必見(笑)
 狙いをつけた男を犯人にするまでの過程が恐ろしいですね~脅しと、甘い言葉で納得させる。ここでも生き残るための取引が成立しています。何も知らない家族はかわいそうでした。
チョルギ、最初は自分だけじゃなく同じ境遇の仲間のためにもということだったと思うけど追い詰められていく中で自分を見失い、罪を重ねていきましたね。
 韓国社会の汚職の現状、結局権力に守られてる人は痛い目に遭わないなど皮肉も込められているように感じました。
 ラストはやっぱりあったね、ドンデン返し@@最後はちゃんと落ちをつけないとね、これもお約束?(^_^;)
 ゴミ処理場やゴルフ場、刑務所の中など舞台も色々でインパクトがあってよかったと思います。なんだかんだ言ってもこれからも韓国映画から目が離せませんねっ^^
 リュ・スンワン監督は「韓国のタランティーノ」って呼ばれてるみたいだけど、まだまだやさしい演出でした^^
プロフィール

ポルカ

Author:ポルカ
ジョニー・デップ大好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる