黄色い星のこどもたち

kiiroihoshib.jpg

ローズ・ボッシュ監督

メラニー・ロラン
ジャン・レノ

 1942年7月16日、夜明け前のパリで始まったユダヤ人一斉検挙。子供も女性も赤ん坊も含む1万3000人ものユダヤ人がヴェル・デイヴ(冬季競技場)に5日間押し込められ、放置された。
 そこでは自らも検挙されたシェインバウム医師(ジャン・レノ)が一人で人々の治療を引き受けていた。赤十字から派遣された看護士のアネット(メラニー・ロラン)も加わるがとて追いつかない。

 
 1942年にフランス政府によって行われた史上最大のユダヤ人一斉検挙。50年もの間、フランス政府は責任を認めていませんでした。
 映画は辛い事実を伝えながら、検挙されたユダヤ人のことを思い必死で働く医師、看護士の姿を描いています。
 パリに住むユダヤ人はみな黄色い星のマークをつけていますが、ほとんどの人が差別することなく接していて、実際多くのユダヤ人を助けたといいます。映画でも機転をきかせて助けるシーンが印象的でした。
 1万3000人もの人が押し込められた競技場の様子を見た時、あまりにひどさにショックを受けました。水も食糧も与えられず放置、劣悪な環境に体調を崩す人も。
 赤十字から派遣されたアネット(メラニー・ロラン)は子供たちに優しく接し、子供たちも彼女をとても慕っています。アネットがシェインバウム医師とともに献身的に働く姿には胸を打たれました。自分を検挙された人たちと同じ環境に身をおき、弱り果てた姿で政府に抗議するするところは感動的です。
 消防士たちが禁止されているにも関わらず放水してみんなに水を飲ませるところも心温まるシーンでした。気持ち的には憤りを感じながらも命令に従うことしかできない憲兵には考えさせられました。
 その後ユダヤ人の人たちにはさらに悲劇的な運命が待っていました。親子が離れ離れになるシーンでは涙が止まりませんでした。アネットの憔悴しきった姿は見ていて辛くなるほど><お互いに惹かれあっているアネットとシェインバウムの関係も切なかったです。
 メラニー・ロラン、内面、外見ともにほんとに美しかった。撮影中は精神分裂のような状態になってしまったほど気持ちの入った演技はほんとに素晴らしかったです。
 悲惨な状況の中でも何も知らぬまま無邪気な笑顔を見せる子供たち、こんな子供たちを決して辛い目にあわせてはいけないという思いを強く感じました。
 希望の光が見えるラストシーンは感動的でした。
 歴史的な事実は時にとても辛いものではありますが、知ることはとても重要だと思っています。これからもっと色々な映画を観て知ることができたらよいと思います。 
スポンサーサイト

ゴーストライター

gostwriterb.jpg


ロマン・ポランスキー監督

ユアン・マクレガー
ピアース・ブロスナン
キム・キャトラル
オリヴィア・ウィリアムズ
ティモシー・ハットン
トム・ウィルキンソン

 元英国首相アダム・ラング(ピアース・ブロスナン)の自叙伝執筆を依頼されたゴーストライター(ユアン・マクレガー)はラングが滞在するアメリカ東海岸にある孤島を訪れる。
 ゴーストライターは取材をしながら原稿を書き進めるうちに、ラング自身の過去に違和感を覚えるようになる。やがてそれは前任者の不可解な死に対する疑問へと繋がり、その謎を追いかけることで国家を揺るがす恐ろしい秘密に触れてしまう。


 ベルリン国際映画祭銀熊賞(最優秀監督賞)受賞、その他にも色々な賞を受賞しています。
 極上のサスペンスを堪能した~と思える素晴らしい作品でした。自分の中では今年観た中の上位です^^
 物語はフェリーに残った1台の車と海に浮かぶ死体という謎めいた光景から始まり、つかみはOK!
 舞台が東海岸の孤島というのがいいですね~真冬ということで寒々とした風景や激しく降る冷たい雨が、何かが起こりそうな不穏な空気を演出していました。
 ゴーストライターが抱いたラングに対する疑問が膨らんでいき、突き詰めていくところがスリリングでどんどん引き込まれていきます。集中して見ないとおいてかれてしまうので必死(笑)カーナビの音声があんなに不気味に感じるとは・・・(汗)
 緊張感の中にも使用人との何気ない会話とか、フッと息を抜けるような場面があるのもよかった。一つ一つのセリフをとても大切にしているのがわかります。
 ラングの秘書のアメリアと妻のルース、クールビューティの二人の女性がよかったです。ルース役のオリヴィア・ウィリアムズが知的で美しく、感情表現が素晴らしかったです。ピアース・ブロスナンは元首相の雰囲気にぴったりだし、名優トム・ウィルキンソンも出番は少ないながらもやはり存在感がありました。
 ゴーストライターを演じるのはユアンです。ユアンの映画久しぶりっ♪探偵さながらに謎を追っていく姿が凛凛しい。でもお茶目な部分も垣間見えるところがユアンらしくて母性本能をくすぐられました^^
 それなりに(笑)頭を使って観た感がありましたね~でもわかりませんでしたけど(^_^;)信じられる人は誰か?それを間違えたら命とり(汗)
 スピーディな展開で、まったく他のことを考えることもないくらい映画の世界に浸れる満足な映画でした。ゴーストライターに名前がなかった意味が最後のシーンでわかる気がしました。
 

スコット・ピルグリムVS邪悪な元カレ軍団

scottb.jpg


エドガー・ライト監督

マイケル・セラ
メアリー・エリザベス・ウインステッド
キーラン・カルキン
アリソン・ビル
マーク・ウエバー
エレン・ウォン
サティヤ・バーバー
クリス・エヴァンス
ブランドン・ラウス
斎藤慶太
斎藤祥太
ジェイソン・シュワルツマン

 お気に入りのエドガー・ライト監督の最新作、原作はコミックだそうです。
 面白かった!人物説明、レベル、効果音などが画面にでてきたり、ファイアー・ボール、剣などの武器を使ってのありえないアクション、負けた方はコインになっちゃうんです@@まさにゲームのノリ(笑)
 一目ぼれした彼女と付き合うためには元カレすべてを倒さなければならない!
 ラモーナの7人の元カレ&元カノ(?)みんな変(笑)
 最初に出てきたインド系のマシュー(サティヤ・バーバー)の動きがおかしすぎる(笑)キャプテン・アメリカとスーパーマンもいましたけど、イメージ大丈夫でしょうかね(^_^;)でもはじぶりには好感が持てました^^
 カタヤナギ・ツインズ(斎藤兄弟)は音楽から生まれたキャラクターのバトルが面白かったけど、ちょっと短かすぎたのが残念でした。
 スコット役のマイケル・セラはジュノの彼氏でしたね。オタク的な雰囲気ですが、ジェシーのような好感度はなくて微妙。ひょうひょうとした演技はよかったです。ルームシェアしているゲイのウォレスとのやりとりが絶妙気持ち悪さでした(^_^;)時々もう一人のスコットがでてくるのですが、それが不思議で最後までよくわかりませんでした><モヤモヤ
 スコット一筋のナイプスのパワフルさとけなげさは応援したくなっちゃう。体感ゲームをやるスコットとナイプスは息もぴったりでかわいかったです。最後に練習の成果(?)も発揮できましたね^^
 男性の趣味がかなり変てこな(笑)ラモーナは目がすごく大きくてキュートでした。ピンクとか緑の髪型も似合ってましたね、ツンデレなところもよかった(笑)
 空回りのナルシストって感じのラスボス!デギオン(ジェイソン・シュワルツマン)との戦いが見どころだと思います。かなり手強いぞ!
 スコットがナイプスとラモーナに対して誠実じゃなかったことに気付き、人間的に成長したことでレベルUPするところがよかったですね。レベルUP前と後をまったく同じシチュエーションで戦うところがゲーム感覚で面白かったです。
 ユニークな発想と笑いのツボ満載の楽しい映画でした^^カラフルな映像もノリノリの音楽も○

プラネット・テラーinグラインドハウス

planetterrorb.jpg

ロバート・ロドリゲス監督

ローズ・マッゴーワン
フレディ・ロドリゲス
ジョシュ・ブローリン
マーリー・シェルトン
ジェフ・フェイヒー
マイケル・ビーン
クエンティン・タランティーノ
ブルース・ウイリス

 テキサスの田舎町のある夜。J.T(ジェフ・フェイヒー)のバーベキュー・レストランにやってきたゴゴーダンサーのチェリー(ローズ・マッゴーワン)は元恋人の解体屋レイ(フレディ・ロドリゲス)と再会する。
 その頃、軍の部隊長マルドゥーン(ブルース・ウイリス)と生物化学の科学者アビー(ナヴィーン・アンドリュース)の取引中に生物化学兵器のガスが噴出。町中にガスが広がり感染者がゾンビ化して人々を襲い始める。


 アメリカで2本立てで上映された「グラインドハウス」の1本。タランティーノ監督の「デス・プルーフ」は観たのですが、こちらは機会を逃したというかすっかり忘れてました(^_^;)
 お友達に面白いと教えていただいたので、即レンタルしてきました^^映画の内容は全然知らなくて、足にマシンガンつけてるから闘うのだろうとは思いましたが、ゾンビがでてくると聞いてびっくり@@
 チェリーの超エロイくねくねダンスはかなり長くて、サービスシーンでしたね(笑)
 あっ、ブルース・ウイリスがおる!知らなかった@@彼は軍の部隊長で、生物兵器の取引中。藤岡弘似の(笑)科学者との緊迫したやり取りの中、科学者の変な(汗)コレクション散乱にはもはや笑うしかありません(^_^;)
 ウイリアム(ジョシュ・ブローリン)、ダコタ(マーリン・シェルトン)この医者の夫婦、仲が悪すぎて面白かった。注射器の使い方、完全に間違ってますね(笑)
 ダコタが必死で車を運転するところは笑う状況じゃないんだけど、パンダメイクのようになった表情と動きがおかしすぎる。息子ちゃんもちょっと変わった子でしたね。
 ツボだったのはバーベキュー・レストランのJ.T、ソースにかける情熱はゾンビをももろともせず(笑)そのマイペースな姿から勇気をもらいました(?)保安官との兄弟愛もよかったです^^
 タランティーノ監督、やっぱり出ちゃったね、しかも悪乗りしすぎ(笑)後ろ姿を映してたけど、笑ってるに違いない(笑)ウィキペディアで見たら兵士(レイプ魔)って書いてありました(^_^;)
 ローズ・マッゴーワン美人ですね~スタイルも抜群です。足にマシンガンって発想はかなり奇抜ですね、最後の活躍はカッコよかったです^^レイとチェリーとってもお似合いでした。
 グラインドハウスで上映されていた当時の雰囲気を出すためあえて粗い映像になってるところなんかこだわってるなって思いました。途中フィルムが1巻なくなっちゃいました~ってことで、かなり話が進んじゃってましたが、その間を想像するのも楽しいかも知れませんね^^
 遊び心、悪乗り、気持ち悪さ満載の、ツボにはまればとっても楽しめる映画だと思います^^
 一緒に上映された予告編の中にあったエドガー・ライト監督の「ドント」は面白かったです。
 他のホラーの方々の予告編は・・・・(汗)

ランゴ

rangob.jpg


ゴア・ヴァービンスキー監督

声の出演
ジョニー・デップ
アイラ・フィッシャー
アビゲイル・ブレスリン
アルフレッド・モリナ
ビル・ナイ
ティモシー・オリファント

 TV番組のヒーローに憧れるペットのカメレオン(ジョニー・デップ)は、ある日車で移動中に水槽ごと砂漠に投げ出されてしまう。カメレオンは途中で出会ったメスのカメレオンアメーダ(アイラ・フィッシャー)とともにダートタウンに向かう。
 酒場にやってきたカメレオンはランゴと名乗り、偽の武勇伝を語る。ランゴは偶然タカをやっつけたことで、住民たちの信頼を得て町長から保安官に任命される。


 ジョニーの分身ランゴ最高!めっちゃ面白かった!♪
 西部の町にたどり着いた流れ者が困っていた町の人たちを助けてヒーローに、それは腕のたつガンマンじゃなくて、ペットのカメレオンだった(笑)
 西部開拓時代のような町(ダートタウン)、酒場の雰囲気、そして一対一の決闘もあり(?)のしっかり西部劇映画になってました♪
 もともとカメレオンってけっこう好きな動物なので、ランゴの表情や動きが面白くっていくら見てても飽きませんでした(笑)ジョニーの感情も乗り移ってますしね^^
 黄色い魚ちゃん相手にヒーローになりきる一人芝居が可愛い^^
 砂漠に投げ出されたカメレオンに悲劇が・・・最初からドタバタです(笑)そこで出会う動物(カエルとアルマジロ)がインパクトありすぎ@@そしてなぜか関西弁、ウケる(笑)ランゴの皮がパリパリって剥けるところも面白かった(笑)
 アルマジロ(たぶん)のロード・キル(アルフレッド・モリナ)は仙人のような風貌の砂漠の案内人で、すごく存在感がありました。
 カメレオンは思いつきでランゴと名乗り、ありもしない武勇伝を語ります。さらにまったくの偶然でタカを退治してしまい、保安官に任命されてしまいます。
 ダートタウンの住人たちがみんなユニーク。防衛本能で立ったまま気絶することがあるメスのカメレオンマメーダはしっかり者で、ランゴとはいい雰囲気に♪子ねずみのプリシラ(アビゲイル・ブレスリン)は、つぶらな瞳でかわいいのですが辛口、よそ者には特にキビシイのです(笑)他にも何の動物かわからないような面白いキャラも多数登場しています。
 ランゴたち自警団が銀行から消えた水の行方を追跡するところも見どころだと思います。水をめぐる谷での戦いのシーンはユーモア満載でなおかつ迫力があって面白かった!スターウォーズを思わせる空中戦もありました(笑)
 毒ヘビのジェイク(ビル・ナイ)恐っ!尻尾がマシンガンになってましたね(汗)さしずめ冷酷な殺し屋ガンマンといったところです。天敵はタカですね。
 いったんあきらめかけたランゴを導いてくれる西部の精霊は、私も大好きなあの人でした^^いや~監督も粋なことしますね~でもウケる(笑)
 楽しかった~♪もう一回観たい。色々な西部劇のパロディもあるみたいなので、チェックしたいです。DVD購入決定!
 「何者でもないから何者にもなれる」「自分の物語は自分でつくる」すごくいいこと教えてくれました^^
プロフィール

ポルカ

Author:ポルカ
ジョニー・デップ大好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる