ダンケルク

dunkirkb.jpg

クリストファー・ノーラン監督

フィン・ホワイトヘッド
トム・グリン=カーニー
マーク・ライランス
ジャック・ロウデン
ハリー・スタイルズ
トム・ハーディ
キリアン・マーフィー
アイリーン・バーナード
ケネス・ブラナー

 第二次世界大戦初期の1940年、ドーヴァー海峡を望むフランスの港町ダンケルク。イギリス、フランス連合軍40万人がドイツとの戦闘でダンケルクの追い詰められていた。イギリスは兵士を救出するため戦艦、民間船をダンケルクに向かわせる。トミー(フィン・ホワイトヘッド)たち若い兵士は生き残るため必死に逃げ道をさがしていた。


 ノーラン監督の戦争映画、これはやはり劇場で見たかった。近くのシネコンの1番スクリーン、重低音体感上映で観賞しましたよ。爆撃音など体に響いて臨場感がありました。
 時間軸の違う3つの場所からの物語が同時に展開していきます。それぞれに出てくる人が違うので混乱することはありませんでした。最後に繋がる演出はすごいと思いました。
 ダンケルクの防波堤(一週間)・・・追い詰められた連合軍の様子、若い兵士トミーの姿を追っていきます。最初のトミーが銃弾飛び交う市街地を逃げるところは、身構える暇もなくいきなりの緊張感!その後トミーは防波堤に辿り着き、生き残るため知恵と行動力でピンチをしのいでいきます。陸、船、海で何度もおとずれる危機、とにかくず~っとハラハラドキドキでした。極限状態での兵士たちの行動に注目。実際の撤退作戦があった場所で撮影されているそうです。軍艦も本物ということで、こだわってますね@@
 ダンケルクに向かう小型船(一日)・・・イギリスを出発したドーソン(マーク・ライランス)の船、息子のピーター(トム・グリン=カーニー)、その友人ジョージ(バリー・コーガン)も乗船しています。途中で謎の英国兵(キリアン・マーフィー)を助けたことで事件が起こってしまいます。この英国兵、最初はスピットファイアのパイロットかと思ったけど、漂う小物感ですぐに違うってわかりました(^_^;)
 マーク・ライランスがかっこいい!「ブリッジ・オブ・スパイ」を見てから気になっていて、なんか気持ちを持ってかれる演技をされるんですよねー。断固とした態度は素晴らしい船長でした。息子のピーターも言うことない好青年!心温まる後日談もあり、この親子は人間ができてるって思いましたよ。
 救出作戦を援護する戦闘機スピットファイア(一時間)・・・ダンケルクに向かう途中にドイツ機と遭遇、激しい空中戦が繰り広げられます。ここでトム・ハーディー、きましたねー!スピットファイアのパイロットでした。ん~やっぱりカッコいいぞー。ファリア(トム・ハーディー)と仲間のパイロット、コリンズ(ジャック・ロウデン)の連携も見どころだと思います。ジャック・ロウデンもなかなかのイケメンでしたよ^^こちらもCGではなく本物を飛ばしているので、迫力がありました。戦闘機の区別がつきにくい(汗)先に形とかマークを確認しとけばよかった(^_^;)男子は全員食いつくこと間違いないシーン。
 実話を元にしたエンターテインメント映画だと思いました。映像は美しいし、若いイケメン兵士たち、海軍将校を演じたケネス・ブラナーなどもなんか小ぎれいなんですよね。ヒーローや感動的なラスト、わかりやすかったです。次に見た「戦争のはらわた」の方がリアルに感じました。戦力の損失だからではなく命を助けるんだという雰囲気だったのはよかったです。
 戦闘機での交戦はありましたが、ほぼ攻撃することなく撤退(逃げる)を描いた戦争映画は斬新でした。スリルと迫力ある映像に引きつけられ目が離せませんでした。すごく時間が短く感じましたよ@@最高の音響設備での音楽が緊迫感を盛り上げてました。ストップウォッチが時を刻んでいるような音が印象的。劇場観賞できてよかった~^^
スポンサーサイト

たかが世界の終わり

takagasekaib.jpg

グザヴィエ・ドラン監督

ギャスパー・ウリエル
ナタリー・バイ
ヴァンサン・カッセル
マリオン・コティヤール
レア・セドゥ

 「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために12年ぶりに帰郷する人気作家のルイ(ギャスパー・ウリエル)。母マルティーヌ(ナタリー・バイ)は息子の好きな料理を用意し、幼い頃に別れた兄を覚えていない妹シュザンヌ(レア・セドゥ)は慣れないお洒落をして彼の帰りを待っていた。しかし帰ってきたルイを兄のアントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)はそっけなく迎え、何かと好意的でない会話を繰り返す。


 ドラン監督作品ですね。今回ドランは出てませんが、しっかりイケメンを用意してくれましたね(笑)ウリエルくん、久しぶりに見ましたが、ぜんぜんか変わらないー@@その他の出演者も豪華!ヴァンサンがまた(前、五日物語~)キョーレツなキャラクターで(^_^;)12年ぶりに帰郷するルイとその家族の一日を描いた物語です。それぞれの思いがぶつかりあう激しい言葉のやりとりを聞いてるのはやっぱり疲れましたね。そしていつルイが話を切り出すのかずっとドキドキしてました。
 12年帰らないって、かなり親不幸ですよね。子供と12年も会えないなんて考えられない(>_<)それでもルイをあたたかく迎えたマルティーヌとシュザンヌ、そっけないアントワーヌが対照的。
 アントワーヌはよくもまあ人の嫌がることを言うものだと思うぐらい何かにつけつっかかってくるんですよね。偏屈オヤジヴァンサン(笑)黙ってないシュザンヌとは言い争いになってましたが、ルイはひたすら受け止めている感じでした。アントワーヌがそんなルイに対しては自分の言ったことを後悔するような態度が感じられたので、不器用な人なのかなとも思いました。ルイが出て行った経緯はわからないけど、残って家を守っているアントワーヌにしてみれば、自由に生きてきたルイに対する複雑な気持ちもわかるような気がしました。
 それぞれの表情をアップでとらえている映像がとても多くて、表情から微妙な感情が伝わってくるような演技を皆がしていて素晴らしかったです。けっして穏やかとは言えない家族の状況の中、唯一ルイの初恋(?)の回想シーンはキラキラして美しくとても印象的ないいシーンでした。
 家族は、ルイが帰ってきたのには何か訳があるのではないかと嫌な予感がしていたのだと思います。ルイに話すタイミングを与えない雰囲気になってましたね。そんな中、ルイと初めて会ったカトリーヌ(マリオン・コティヤール)が彼を気にかけていて、彼女の優しさを感じました。あの夫、さぞ大変だろうなー(^_^;)コティヤールとヴァンサン、今回イメージと違うちょっと地味な夫婦だったので、この二人でイケてる夫婦も見てみたいなーなんて思っちゃいました(笑)
 複雑な思いを抱えた家族の姿が描かれていて、色々考えさせられました。ルイにとって穏やかな帰省ではなかったけれど、それでも家族だし、戻りたい場所だったのだと思いました。

ドクター・ストレンジ

drstrangeb.jpg

スコット・デリクソン監督

ベネディクト・カンバーバッチ
キウェテル・イジョフォー
レイチェル・マクアダムス
マッツ・ミケルセン
ティルダ・スウィントン

 天才外科医のドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)は突然の交通事故によって両手が不自由になり、、築いてきたキャリアを失う。あらゆる手段を模索するストレンジは、やがて神秘に満ちた魔術の力に辿り着く。エンシェント・ワン(ティルダ・スウィントンの元修行に励むストレンジは闇の魔術師カエシリウス(マッツ・ミケルセン)との戦いに巻き込まれていく。


 マッツ目当てで見ました(笑)マッツはダークサイドに堕ちた闇の魔術師役、なんかすごく走ってたイメージ。身のこなしが美しくて、悪役でもやっぱりカッコよかったです♡今回も重低音体感上映で観賞♪ぐるぐるバタバタ(!?)すごい映像体験でした@@
 傲慢で自分に絶対的な自信がある外科医のドクター・ストレンジ。彼がどのようにして魔術師になったのかと闇の魔術師との戦いが描かれています。カンバーバッチはシャーロックとキャラがちょっと被ってましたね(^_^;)ジャファーみたいな若干うさんくさい髭がこんなに似合うとは(笑)陰陽師みたいな手の動き、カッコよかったです^^
 天才外科医の立場を失ったストレンジは恋人のクリスティーン(レイチェル・マクアダムス)まで怒らせてしまうという、性格の悪さで孤独になってしまいましたね。医師からも見放されたストレンジがたどり着いたのはネパールの秘境でした。
 魔術師エンシェント・ワンが超強いし、すごい存在感!。「アストラル次元」とか「ミラー・ディメイション」??よくわからなかったけど不思議な魔術の世界はひじょうに面白かったし引き込まれました。ティルダ・スウィントンは魔術師の風格があってぴったり!色んな役ができる貴重な女優さんですね。
 魔術の修行をするストレンジ、さすが頭がいいし好奇心旺盛で勉強熱心、禁忌の書物まで読みあさります。そして闇の王ドーマムゥの存在を知り、兄弟子モルド(キウェテル・イジョフォー)とともにドーマムゥを崇拝するカエシリウス軍団と戦うことになります。
 この映画はコメディなのかな(^_^;)ちょいちょいコント見たいなシーンを入れてくるんですよね。カエシリウスが結束器具で動けなくされちゃうところはマッツの動きがコミカルで、何回も見たくなりましたよ^^幽体離脱の手術シーンも笑っちゃいました(笑)
 明らかに意志を持ってるマント、これドラえもんの道具みたい(笑)これから相棒(!)としてストレンジを助けていくのかな^^ラストのラスボス ドーマムゥとの対決もドラちゃん映画みたいな展開で(^_^;)えーーっ!って感じでした@@でも嫌いじゃない(笑)
 スケールの大きすぎる魔術にびっくりでしたねー@@ビルが倒れ込んできたり街が回ったり、光のシャワーみたいな光景など今まで見たこともない映像が楽しかったです♪3Dで見たかったなー
 ドクター・ストレンジのキャラクターいいですねー性格は悪いけど(笑)人を殺してしまったことに葛藤する姿にはドクターらしさを感じました。ミスターじゃなくてドクターだと言いきるところもよかったです。続編ありそうな終わり方だったので、今後魔術と医術を操るヒーローになるかも?^^楽しみです♪ 

ドント・ブリーズ

dontbreatheb.jpg

フェデ・アルバレス監督

ジェーン・レヴィ
ディラン・ミネット
ダニエル・ゾヴァット
スティーヴン・ラング

 ロッキー(ジェーン・レヴィ)は養育放棄の両親の元を離れ、妹と街を逃げ出すための資金が必要だった。ロッキーは恋人のマネー(ダニエル・ゾヴァット)と友人のアレックス(ディラン・ミネット)とともに、大金を持っていると噂される盲目の老人の家に強盗に入る。しかしその老人は元軍人で超人的な聴覚を持ち、侵入者の殺害もいとわない恐ろしい人物だった。


 製作にサム・ライミの名前が!フェデ・アルバレス監督は「死霊のはらわた」(もちろん未見)も監督されてたんですね。なるほどー躊躇ない描写はうなずけます(汗)お爺さんの映画には惹かれるし、強いおじいさんが出てくると聞けば見ないわけにはいきません(笑)マッチョで強いお爺さんを演じたスティーブン・ラングがカッコよかった。
 これから何が起こるんだーと思わせる恐いオープニングがすばらしかったです。実際色々起こってのあのシーン(^_^;)
 ロッキー、マネー、アレックスは、警備会社に勤めるアレックスの父親の合鍵を持ちだしては強盗を繰り返していて、次に彼らが狙いをつけていたのは一人暮らしのお爺さんの家でした。ロッキーの家庭環境は最悪で、とてもかわいそうだとは思うけど、強盗はダメですよ。しかも盲目のお爺さん宅を狙うとは許せません。私はお爺さんの味方です!
 しか~し!ただのお爺さんじゃなかった!元軍人で二の腕もたくましい、めちゃくちゃ強いお爺さんだった。しかも超人的な聴覚を持ってるんです@@最初にお爺さんが素早い動きで迷いなく仕留めるのを見て、これは見つかったら殺されるって思いましたね(汗)ロッキーたちは出口をふさがれ家の中に閉じ込められてしまいます。
 物音をたてようものならすぐにバレてしまうので、まさに息もできない状況の中、お爺さんが接近してきてハラハラドキドキ、超恐かった。まさに命がけのかくれんぼ&鬼ごっこですね(^_^;)電気も消されちゃうので、勝手知ったる我が家だし断然お爺さん有利!お爺さんの番犬が凶暴でいい仕事をしてて、これまたひじょうに恐かったです(汗)
 終盤で引いちゃうような(^_^;)お爺さんの秘密が明らかになるのですが、だからと言ってお金をとられていいわけじゃないので、やっぱりお爺さんの味方(えっ@@)ラストは後味悪かったですね(>_<)納得できないので是非続編を!と思ったら、続編製作の動きがあるみたい♪
 ひじょうに面白かった!逃げられるかもと思っても襲ってくる、たたみかけるような演出がスリルがあってよかったです。ジェーン・レヴィはちょっと佐伯日菜子さんみたいなイメージで、恐怖の表情がすばらしかった。彼女、「死霊のはらわた」でもヒロインだったみたいですね。もしかして地下から覗いてるあの女の子?!(・_・;)「死霊~」予告でも恐くて逃げてきました~無理(笑)

トランボ ハリウッドにもっとも嫌われた男

trumbob.jpg

ジェイ・ローチ監督

ブライアン・フランストン
ダイアン・レイン
エル・ファニング
ヘレン・ミレン
ルイス・C・K
デヴィッド・ジェームズ・エリオット
マイケル・スタールバーグ
ジョン・グッドマン
アラン・テュディック

 第一次世界大戦後のアメリカ。政府が共産主義者とその同調者を取り締まる赤狩りが行われていた。その理不尽な弾圧はハリウッドにも及び、売れっ子脚本家トランボ(ブライアン・フランストン)は議会での証言を拒んだという理由で投獄されてしまう。やがて出所したもののハリウッドでのキャリアを絶たれた彼には仕事がなかった。しかしトランボは家族に支えられ、友人に脚本を託すなどしながら脚本を書き続ける。


 トランボのことを知らないし、チェックしてなかったのですが、「ヘイル・シーザー」で共産主義を語る脚本家たちが出てきて、トランボがそのモデルになってるらしいハリウッド10の一人だと知って、とても観たくなったのです。自分はトランボ脚本の映画は、あの「ローマの休日」、尊敬するキューブリック監督の「スパルタカス」、ラストが絶対忘れられない「パピヨン」、を観ていた!知らなかった~@@どれも名作ですね。
 軽快な音楽とタイプライターの音、お洒落なオープニングに一気に引き込まれました。ハリウッドにもおよぶ赤狩りによってトランボの立場は悪くなっていきます。映画会社への圧力、共産党員に対する世間の目も厳しいものでした。
 トランボに執拗につきまといキャリアを妨害するゴシップ記者のヘッダ・ホッパーが憎たらしかったですねーヘレン・ミレンがハマってました。ちなみに「ヘイル・シーザー」でもヘッダがモデルと思われる記者をティルダ・スウィントンが演じていて、こちらも憎たらしかった(笑)トランボに関わる人たちが実名で登場してるのがすごい@@共産党員を弾圧する「アメリカの理想を守るための映画同盟」の一人が西部劇で超有名な俳優で、トランボに口撃してましたよ。
 ハリウッドで脚本の仕事ができなくなってしまったトランボでしたが、友人に名前を借りたり偽名を使うなどして書き続けます。B級映画の脚本を書いたり添削したりもしていました。B級映画製作会社のフランク・キング(ジョン・グッドマン)、トランボに大作の脚本を依頼した主演俳優(超有名!イメージUP!)の圧力に屈しない態度はカッコよかった。
 トランボを支え続けた家族が素晴らしかったです。共産党員ということで批判されることもあっただろうし、さぞ辛い思いをしていたと思います。トランボが出所してからは子供たちが脚本を届けたり、家族みんなで協力していました。だからこそ家族で喜びを分かち合う姿は感動的。ダイアン・レインは素敵だし、エルちゃんも可愛かった^^
 トランボは弾圧、仲間の裏切り、投獄など苦しい時もあったけど、脚本を書き続けたことでいい人たちに出会って、いい風が吹いたと思います。ブライアン・フランストンはトランボの人柄が伝わってくるような演技で素晴らしかったです。
 とてもいい映画でした。「ローマの休日」と「スパルタカス」がこんな経緯で作られたと思うとなんか感慨深いですね、「黒い牡牛」も観たくなりました。有名俳優の性質もわかったし(笑)面白かったです。  
プロフィール

ポルカ

Author:ポルカ
ジョニー・デップ大好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる