君の名前で僕を呼んで

kiminonamaeb.jpg

ルカ・グァダニーノ監督

ティモシー・シャラメ
アーミー・ハマー
マイケル・スタールバーグ
アミラ・カサール
ヴィクトワール・デュボワ
エステール・ガレル

 1983年夏、北イタリアの避暑地。17歳のエリオ(ティモシー・シャラメ)はアメリカから来た24歳の大学院生オリヴァー(アーミー・ハマー)と出会う。彼は大学教授の父パールマン(マイケル・スタールバーグ)の助手で夏の間エリオたち家族と暮らすことになる。自信に満ちたオリヴァーに最初は反発していたエリオだったが、徐々に彼に惹かれていく。


 男性同士の恋愛を描いた映画、アカデミー賞脚本賞を受賞しています。映画館では女性が多かったです。芸術的な作品にはめずらしく吹き替え版もあって、こちらもなんかちょっと興味がわきました。リピーターも多いみたいですね。
 舞台である北イタリアの風景がとにかく美しかったです。その中で絵になるイケメン二人(笑)ティモシー・シャラメは初めて見たんだけどとても綺麗な顔立ちをしてる。アーミー・ハマーはジョニーの相棒(ローン・レンジャー)というイメージ(笑)半ズボンはいてても24歳には見えないな~ダンスのリズム感が・・・(^^;クールな表情がよかったです。
 オリヴァーに対して最初は反発するような態度だったエリオが、だんだん気になってやがて好きになっていく。その心理描写がとても細かく丁寧に描かれていました。オリヴァーの姿を追う視線、一人の部屋での様子などティモシー・シャラメの繊細で瑞々しい演技が素晴らしかった。自転車で走る二人、自然の中でたわむれる二人、美しく印象的なシーンの数々に見入ってしまいました。音楽もとてもよかった!
 エリオの思いを受け止めるオリヴァー、プラトニックのままがよかったな。「ブロークバック・マウンテン」ではドキドキしたしとても切ない気持ちになったけど、二人の歳の差、しかもエリオはまだ17歳ですよね。どうしても親目線の気持ちが入ってしまってドキドキしなかったです。性別とかではなく女友達マルシア(エステール・ガレル)とのシーンが等身大の恋愛に感じてしまった。彼女とってもいい子でしたね。
 エリオの両親は理解して見守っていて、今のこの時間を大切にさせてあげたいみたいな感じでしたね。自分にはできそうもないけどパパさんの最後の言葉は恋愛だけじゃなく色々なことにも通じるようでよかったです。彼の色々な思いが伝わるラストシーンはとても印象的でした。
 イタリア北部のロケ地、素敵なところでしたねー、二人が読書している大聖堂広場のオープンカフェ、遺跡発掘の湖畔、二人が旅するベルガモの街と自然など憧れてしまう場所だらけ♪ロケ地を巡るツアーもあるみたいですよ(いいな~)    
スポンサーサイト

ゲット・アウト

getoutb.jpg

ジョーダン・ピール監督

ダニエル・カルーヤ
アリソン・ウィリアムズ
ブラッドリー・ウイットフォード
ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ
キャサリン・キーナー
リル・レル・ハウリー

 ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリス(ダニエル・カルーヤ)は、ある週末に白人の彼女ローズ(アリソン・ウィリアムズ)の実家アーミテージ家へ招待される。不安を感じていたクリスだったが、ローズの家族は彼を歓迎する。しかし黒人の使用人たちに何故か違和感を感じていた。翌日パーティが開催される。招待客はほとんどが白人で、みなクリスに親しげに話しかけてきた。


 なんとなく嗅ぎつけて(笑)観賞。全米では大ヒットしていたようですが、いつもの東宝会館で地味に上映してました(ありがたや)。人種差別をテーマにしたスリラーということですが、皮肉が込められていてイヤな感じではありませんでした。思っていたのとは趣旨が違ってた(汗)すごい発想@@
 冒頭のシーンが恐かった(>_<)アーミテージ家で歓迎はされたものの落ち着かないクリス。泣きながら笑う(!)女性のお手伝いさん、夜に全力疾走する庭師など、黒人の使用人たちがなんか怪しい(^_^;)やがてパーティーの目的や家族の秘密が明らかになっていきます。
 ティーカップの催眠術、こんな手があったとは@@イスで催眠を防ぐ方法、これできるー?疑似的にやってみたけど無理だった(汗)お腹つりそうになった!私の体が硬いからかな(^_^;)終盤の予想もできない展開は見どころだと思います。怪しさはどんどん増していき、恐いけどなんかおかしかった(^_^;)そしてスリルもあってよかったです。
 クリスの友人のロッド(リル・レス・ハウリー)がいい味出してましたねー大活躍!ローズの弟がケイレブ・ランドリー・ジョーンズだって全然気がつかなかった@@
 色々ツッ込みどころもあって面白かったです^^伏線も色々ありましたね、黒人たちの内面のせめぎあいとかもう一度見たらまだまだ気づくところがあって楽しめそう。ジョーダン・ピール監督はコメディアンで、初監督作品だそうです。次回作も楽しみ♪ 

婚約者の友人

wankun.jpg
 今年は2日から仕事ということもあり年末からバタバタしていましたが、御殿場のアウトレットに連れてってもらったりしていいお正月でした^^引き続き仕事のお休み少なめなので、とりあえず昨年見た新作映画の残りのUP頑張ります~(>_<)
 今年も超マイペース更新ですがどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m
 


konyakushab.jpg

フランソワ・オゾン監督

ピエール・ニネ
パウラ・ベーア
エリンスト・ストッツナーノ
マリエ・グルーバー
ヨハン・フォン・ビューロー
アントン・フォン・ラック

 第一次世界大戦後のドイツ。アンナ(パウラ・ベーア)は婚約者のフランツ(アントン・フォン・ラック)を亡くし、悲しみの日々を送っていた。アンナはある日、フランツの墓に花を手向けて泣いている見知らぬ男に出会う。アドリアン(ピエール・ニネ)と名乗るフランス人の男はパリでフランツと知り合ったと語った。

 
 モノクロで謎めいた予告に惹かれて観賞。オゾン監督の作品って「8人の女たち」と「スイミングプール」しか見てなかった(>_<)ていねいな心理描写で戦争の悲劇を描いた映画でした。モノクロの中で、カラーになるシーンがあるのが印象的でした。
 アドリアンのことが気になり彼を家に招くことにしたアンナ。アドリアンがフランス人だということで最初は嫌悪感を持っていたフランツの両親も彼の話を聞くうちに癒されていきました。アンナとアドリアン、舞踏会、湖での二人の雰囲気はお互い惹かれあっているように見えました。湖のシーンはカラーでしたね。そして両親たちの話から亡くなったフランツの人柄も伝わりました。アドリアンとフランツの回想シーンがよかった。後から考えると心に沁みるシーン。
 アドリアンの告白はなんとなくという気がしていましたが、やはり切なかった。そしてアンナの決断はよかったと思うけど一人で抱え込むのは辛かったろうな。二人の感情表現が素晴らしかったです。パウラ・ベーアがきれい!黒い衣装と帽子姿がとても素敵でした。ピエール・ニネはダリ似(笑)
 後半はラブストーリーだと思います。アンナがフランスに向かい、アドリアンを探すところはドラマチックに描かれていて、引きつけられました。二人の恋のゆくえは意外な展開だったけど、それがかえってリアルに感じられました。
 みんないい人で、みんな悲しみを背負っていた。でもホッとする気持ちになったラストはとてもよかった。アンナはきっと前向きな気持ちであの絵を見ることができたんだろうなって思いました。
 フランツの父ハンスの「息子たちを戦地に送ったのは、武器を持たせたのは、我々父親たちだ!」は重みのある言葉でした。演じているのがドイツとフランスの俳優さんたちなのも意味があるように感じました。 

旧作映画感想をまとめて

 先日東京の娘のところに行った時、新幹線から見た富士山に雪がないのにびっくり@@そして東京に着いたら寒くてびっくり@@静岡のあたたかさを実感しました。旧作映画は他にも見てるのですが、面白かったものをとりあえず(^_^;)今はとにかく「IT/イット~」が見たい!行けるかな~(>_<)


gokudob.jpg
「ザ・レイド GOKUDO」

ギャレス・エバンス監督

イコ・ウワイス
アリフィン・プトラ
オカ・アンタラ
ティオ・バクサデウオ
ヤヤン・ルヒアン
遠藤憲一
松田龍平
北村一輝

 潜入捜査官としてチームに参加することになったラマ(イコ・ウワイス)は新興ギャング団ベジョの組織、ベジョと敵対する地元マフィアのバングン(ティオ・バクサデウオ)が仕切る2大組織を撲滅するため、逮捕されて刑務所にいるバングンの息子ウチョ(アリフィン・プトラ)に受刑者として接触を図る。ラマは刑務所でウチョの命を助けたことからバングンに気に入られ、組織に入ることに成功する。

<感想>
 インドネシアのバイオレンス・アクション「ザ・レイド」の続編です。前作が最高だったし遠藤さんも出てるので、劇場で見たいと思ってたのですが、上映されなかった作品(>_<)その後ちょっと忘れてて(^_^;)やっと観賞できました^^
 今回はラマがマフィア組織に潜入するというお話。ラマが超強いというのは前作の活躍でよ~くわかってるので、安心して見ていられました。ありがちなマフィアのダメ息子が、トラブルを起こします。
 邦題のわりに日本の極道たちはあんまり存在感なかったのが残念。
 まずは刑務所での乱闘のシーンが迫力ありました。前作で最強キャラクターマッドドックを演じたヤヤン・ルヒアンも再登場してましたね。しかし今回はまだまだこんなもんじゃないでしょ~という感じでした。他にもベースボール・バットマン、ハンマー・ガールという殺し屋兄妹も登場!名前のまんまの攻撃、エグイです(汗)彼らとラマのバトルも必見です。さらに強い殺し屋キラーマスターとの闘いは二人の流れるような動きに見入ってしまいました。もうすごいとしか言いようがない@@
 やはり見どころは車内、厨房など色々な場所での格闘シーンです。ラマ役のイコ・ウワイスの身体能力、素晴らしいですね!ちょっと童顔なところも好感が持てます^^まさに闘う男の映画でしたねー146分見応えありました。アクション映画好きなら楽しめると思います^^描写はR-15+なのでかなりハードです(^_^;)


creepyb.jpg
「クリーピー偽りの隣人」

黒沢清監督

西島秀俊
竹内結子
香川照之
川口春奈
東出昌大
藤野涼子

 元刑事の犯罪心理学者高倉(西島秀俊)は元同僚の野上(東出昌大)から、6年前に起きた一家失踪事件の分析を依頼され、唯一の生き残りである長女早紀(川口春奈)の記憶を探るが真相にたどり着けずにいた。そんな中、新居に引っ越してきた高倉と妻の康子(竹内結子)は、隣人の西野(香川照之)一家に違和感を抱いていた。

<感想>
 九州で起こった事件がモデルになっているようですが、他にも思いだされる事件がありました。こんな風にして取り込まれていくのかと、リアルな恐さを感じました。
 最初から漂う不穏な空気が好み。隣人の西野とその娘、怪しい何かある!彼らに近づくなーとドキドキしたながら見てました。野上が追っている過去の事件との関連など謎解きの要素もあり面白かったです。前半はじわじわくる恐さ、後半は衝撃的。
 西野が康子との距離を徐々に詰めていくところが不気味でした。香川さんのわざとらしい笑顔、恐いんだか可笑しいんだか(^_^;)くせ者ぶりを発揮していてさすがです。変わっていく竹内さんの演技、藤野涼子ちゃんの謎めいた雰囲気もよかったです。東出くん~~(>_<)支配される人たちの心理描写が興味深かったです。「CURE」も面白かったし、黒沢監督の映画をもっと見たくなりました。


takib.jpg
「滝を見にいく」

沖田修一監督

根岸遥子
安澤千草
荻野百合子
桐原三枝
川田久美子
徳納敬子
渡辺道子
黒田大輔

 幻の大滝を見に行くツアーの一行、ツアーガイドの菅(黒田大輔)7人のおばちゃんたちが山道を登っていく。しばらく進んだところで、菅は立ち止まり周囲を見回しては首をかしげ明らかに様子がおかしい。菅はすぐ戻るといって7人を山道に残し、先に行ってしまう。しかしいつまでたっても菅は戻らず一行は不安になる。

<感想>
 滝ツアーに参加したおばちゃんたちが山で迷子になってしまうお話。とってもゆるいサバイバル映画でした^^7人のおばちゃんたちは性格もタイプも色々で個性的(笑)気が合う人、そうじゃない人もいて最初は衝突したりもしますが、徐々に団結していくとろがよかったです。愛称で呼び合うようになるのも微笑ましかった。おばちゃんの知恵満載の野宿も楽しそうでした♪
 7人の中には演技の経験のない人もいて、じゅんじゅんを演じた根岸遥子さんの素朴であたたかい雰囲気に癒されました。おばさんあるあるや昔の話題など共有できることが多くて(笑)楽しかった。紅葉の風景も美しかったです。


exmachinab.jpg
「エクス・マキナ」

アレックス・ガーランド監督

アリシア・ヴィキャンデル
ドーナル・グリーソン
オスカー・アイザック
ソノヤ・ミズノ

 IT企業ブルーブックでプログラマーとして働くケイレブ(ドーナル・グリーソン)は、ある日抽選で社長ネイサン(オスカー・アイザック)の自宅を訪問する権利を得る。広大な山岳地帯の奥にあるネイサンの自宅は、人工知能の開発研究施設だった。ケイレブは美しい女性型ロボットエヴァ(アリシア・ヴィキャンデル)に搭載された人口知能テストに協力する。

<感想>
 注目していたのですが、やはりこちらでの公開がなかった作品(>_<)舞台はほぼ研究施設のだけという限られた空間の中での人間とAIの心理サスペンス、面白かったです!さてどちらが頭がいい?(^_^;)
 透明な壁とか無機質な感じが美しくて、時代設定はわからないのですが、ここだけ未来の施設にいるような感じがしました。エヴァは顔だけ人間で体がロボットというビジュアルが衝撃的でした@@でもアリシア・ヴィキャンデルなのでキレイ。やっぱり顔重要!特にこの実験では(^_^;)エヴァと面談を重ねるケイレヴの気持ちの変化も見どころだと思います。
 オスカー・アイザック、スキンヘッドだしガッチリ体型で最初誰だかわかんなかった@@ネイサン、まったく信用できない人物でしたね。メイドのキョウコ(ソノヤ・ミズノ)がスタイル抜群の美人でミステリアスな雰囲気がとてもよかったです。タランティーノ監督の映画に合いそう(笑)二人のダンス、いいね!
 終盤の衝撃的で予想を裏切っていく展開はドキドキしました。社長はどうでもいいけど(笑)ケイレブのことはかなり心配(>_<)結局人間が持ってる「情」がウィークポイントでしたね。その後が気になるラストもよかったです。

怪物はささやく

kaibutsub.jpg

J・A・バヨナ監督

ルイス・マクドゥーガル
フェリシティ・ジョーンズ
シガニー・ウィーバー
トビー・ケベル
リーアム・ニーソン

 難病の母(フェリシティー・ジョーンズ)と暮らしている13歳の少年コナー(ルイス・マクドゥーガル)、学校ではクラスメイトにいじめられる日々を送っていた。ある夜彼の前に怪物が現れ、自分が3つの物語を話すこと、そして4つ目の物語をコナー自身が話すよう告げ去っていく。数日後ふたたび怪物が現れ1つめの物語を話はじめる。


 J・A・バヨナ監督の「永遠のこどもたち」はとてもいい映画だったし、「パンズ・ラビリンス」のスタッフが集結ということで即観賞決定。イギリスの児童文学が原作のダークファンタジーです。
 母親の病気、イジメ、辛い現実と向き合っているコナーの元に怪物が現れます。せめて空想の世界ぐらい優しい妖精とか現れてくれればいいのに思うんだけど(^_^;)実は意味がありましたね。怪物は愛嬌がある(笑)恐さで、声はニーソン。登場する時はかなり迫力があります。写真のおじいちゃん(?)がニーソンだったのはニクい演出^^
 怪物が話す3つの物語、一見残酷だけど考えさせられる内容は、コナー自身の物語を話せるように導いてたんだなって思いました。美術的で素晴らしいアニメーションは必見!怪物に促されて暴れるコナーを見て、何故かホッとするような気持ちになりました。 おばあちゃん(シガニー・ウィーバー)とコナーが仲悪いのはびっくり@@シガニーおばあちゃん、表情がこわいんですよね(^_^;)もうちょっと優しくしてあげて欲しいって思いましたよ。
 怪物がコナーに自分の真実を話せと迫るクライマックス、コナーの抱えてきた思いを知って胸が締め付けられました。コナー役のルイス・マクドゥーガルくんの繊細な演技が素晴らしかった!母と息子を繋いで、温かい気持ちになるラストがとてもよかったです。 切ないお話でしたが、心を癒す力のある映画でした(ヨカッタ)。美しい映像にも引きつけられました。 
プロフィール

ポルカ

Author:ポルカ
ジョニー・デップ大好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる