ハクソー・リッジ

hacksawridgeb.jpg

メル・ギブソン監督

アンドリュー・ガーフィールド
ヴィンス・ヴォーン
サム・ワーシントン
ルーク・ブレイシー
ヒューゴ・ウィーヴィング
テリーサ・パーマー

 アメリカ、ヴァージニア州の緑豊かな町で育ったデズモンド・ドス。父親のトム(ヒューゴ・ウィーヴィング)は第一次世界大戦で心に傷を負い酒に溺れる日々を送っていた。
 成長したデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は看護師のドロシー(テリーサ・パーマー)に恋をする。そんな中、第二次世界大戦が日に日に激化、兄や周りの友人たちも次々と出征する。デズモンドは衛生兵になるため陸軍に志願する。


 監督メル・ギブソンの映画ははじめて。戦場で武器を持たず多くの人の命を救った衛生兵の姿を描いた実話です。舞台は沖縄、色々な思いで涙が出ました。
 前半はデズモンドの少年時代と運命の女性との出会いが描かれています。少年時代、兄弟ゲンカから起こった衝撃的な出来事、暴力をふるう父の姿は、彼の人生に大きな影響をあたえました。成長して教会で働いているデズモンドは看護師のドロシーに一目ぼれ、意外と積極的だったのでびっくり(笑)ドロシーがかわいい!恋する二人が微笑ましくて、あたたかい気持ちになりました。デズモンドがどういう人物なのかわかる前半は意味があったと思います。
 戦争の激化により志願することを決めたデズモンドの兄に対する父トム、親として、先の大戦を経験した者としての思いがあふれ出るかのような悲しい表情が印象的でした。最初はヒューゴだってわかんなかったよー(>_<)ビリー・ボブ・ソーントンかと思った(^_^;)後半は過酷。ついにデズモンドが入隊します。怒声が飛び交う厳しい訓練キャンプは他の映画でも何度か見た風景、連帯責任の不満のリンチもやっぱりありましたね。上官や仲間たちのキャラを憶えておくと戦場での様子に重ねることができると思います。マッチョな兵士がアキラ100%みたいで笑った。
 デズモンドは訓練で銃に触れることを拒絶、「助けるために戦場に行く」という彼の思いは理解されず部隊での立場が悪くなっていきます。それでも絶対ブレない、意志の強さを感じました。
 凄惨な戦場のシーンに打ちのめされました。兵士を近い距離から映しているので、よりリアルでとても恐かったです。重低音体感上映だったので、大砲の音などが体に響いて迫力がありました。定着してる重低音、追加料金がないのはありがたい^^
 激しい戦火の中、デズモンドは衛生兵として奔走。敵は日本兵ということで複雑な気持でもありましたが、ただひたすら傷ついた兵士を助けるデズモンドの姿に感動しました。アンドリュー・ガーフィールドの引きつけられる演技、素晴らしかったです。
 久しぶりの戦争映画でしたが、思いのほかハードな戦場はショックでした。映画はデズモンドに焦点をあてて描かれていますが、日本人兵士、沖縄の人たちなど見えない背景があることも考えなければいけないと思いました。そしてデズモンドが反戦の象徴のように感じました。  
スポンサーサイト

アシュラ

asurab.jpg

キム・ソンス監督

チョン・ウソン
チュ・ジフン
ファン・ジョンミン
クァク・ドウォン
チョン・マンシク

 アンナム市の刑事ドギョン(チョン・ウソン)は街の利権を牛耳る市長ソンベ(ファン・ジョンミン)のために裏の仕事を引き受けてきた。市長の逮捕に燃える検事チャイン(クァク・ドウォン)は市長の不正をつかむため、ドギョンを脅し協力させようとする。事態はドギョンを慕うソンモ(チュ・ジフン)をも巻き込み、壮絶な闘争が繰り広げられる。


 犯罪アクションが大好きなのでこの映画にアンテナがビビッと(笑)大当たり!アウトな男たちの(^_^;)ハードな映画でした♪「グッド・バッド・ウィアード」でときめいたチョン・ウソン、ちょっとふけたな~。昔からあった映画館がシネコンへ変わった中、唯一残った東宝会館にて観賞♪東宝会館はけっこうマニアックな作品も上映してくれるので、助かってます(笑)平日昼間のせいかまさかの自分だけ!これは初の貸切か!と思ったら女性が一人入場して(ちょっと残念笑)二人でしたよ。
 市長のパク・ソンベ、悪いやつでしたねーファン・ジョンミンは「哭声」で怪しい祈祷師を演じてましたが、今回はさらにキョーレツなキャラ!人をくったような笑顔には狂気を感じました。でもなんか可笑しな雰囲気もあって(笑)まさに曲者俳優ですね。
 検事チームが超乱暴、拉致されたドギョンはボコボコにされてました(^_^;)リーダーのチャインも「哭声」で警官だった人、あと「弁護人」にも出ていたので今年彼の作品を3つ見てました。ラストに激変する(・_・;)彼に注目です。
 悪徳市長VS暴力検事チームの攻防、ハラハラする作戦など面白かったです。平気で人を殺す市長と手段を選ばない検事、ドギョンはどちらについても地獄なんですよね(>_<)タフで男らしい傷だらけのチョン・ウソンがカッコよかった!悪の道に自ら堕ちていく覚悟を感じました。コップをバリバリって噛み砕く姿は男らしさMAX(^_^;)
 ドギョンの勧めで市長の元で働くことになったソンモが悪に染まっていくのが痛々しかったです。クールな表情になって雰囲気も変わってしまいましたね。切ない音楽が流れる中での二人の激しい格闘シーンが悲しくて悲しくて(>_<)チュ・ジフンがイケメン!おじさんたちばかりの中(笑)フレッシュでいいですね~スタイルがいいので、スーツ姿は超カッコよかったです。
 ハードなアクションも見どころだと思います。特にカーチェイスが圧巻!!どうやって撮影してるんだろう?って思うくらいすごかった!@@これを見れただけでも得した気分^^暴力シーンも気合い入ってましたよ(^_^;)クライマックスのラストはまさに修羅場~@@壮絶でした(汗)西部劇のような音楽が印象的。
 みんなキャラがたってて素晴らしかったですねー韓国の俳優さんたち安定の演技力。「哭声」「お嬢さん」「アシュラ」を見ましたが、どれもオリジナリティのある面白い作品でした。韓国映画、これからもチェックしたいです♪ファン・ジョンミンを追いかければ間違いない気がする(笑)

お嬢さん

ojosanb.jpg

パク・チャヌク監督

キム・ミニ
キム・テリ
ハ・ジョンウ
チョ・ジヌン
キム・ヘスク
ムン・ソリ

 1930年、日本統治下の韓国。スラム街で詐欺師グループに育てられた少女スッキ(キム・テリ)は、藤原伯爵(ハ・ジョンウ)と呼ばれる詐欺師から莫大な財産の相続権を持つ令嬢秀子(キム・テリ)を騙して財産を奪う計画を持ちかけられる。計画に加担することにしたスッキは秀子の屋敷に珠子という名でメイドとして働き始める。献身的な珠子に秀子が心を開くようになり、珠子も秀子に惹かれていく。秀子は叔父の命令で、紳士たちの前で官能小説の朗読をさせられていた。


 注目していた韓国映画3作品の中の2作目~「哭声」に負けずとも劣らない怪しい作品でした(^◇^)今まで見たパク・チャヌク監督の映画よりユーモア、セクシー描写多め(^_^;)原作はイギリスの人気ミステリーだそうで、舞台を日本統治下の韓国に置きかえて描いています。
 ちょっと横溝正史映画やTRICKのような雰囲気^^日本語のイントネーションがかわいかったりします(笑)3部構成になっていて、1部ではスッキの視点で描かれていたものが2部では秀子の視点でもう一度描かれていき、3部はその後の展開になっています。視点が変わることで新たな展開が見えてくるところが面白かったです。
 スッキが邸にやってくるところ、邸のミステリアスな雰囲気に一気に引き込まれます。中の様子も和と洋が組み合わさっていて、家具や調度品などとても芸術的でした。でもなんか怪しい(笑)この邸何かある!(^_^;)
 秀子お嬢さんを初めて見たスッキのリアクションが印象的。美しい秀子に一瞬で心を奪われたって感じでしたね。1部ではスッキが秀子に惹かれていく様子が見どころだと思います。コミカルで妖しい二人の距離感にドキドキしました。スッキが秀子の歯を指で削るシーンが官能的(^_^;)
 2部では秀子の幼少期、そして現在の状況など驚きの事実が判明します@@印象的(変態的;)なシーンもたくさんありますが、朗読会はキョーレツでした@@秀子の日本髪のボリューム(笑)、ストレートな言葉の数々(汗)、実物大からくり人形プレイ(!汗)とても怪しいけど芸術的でした(必見!)
 スッキを演じたキム・テリはオーディションで抜擢された新人女優さんだそうですが、感情豊かな表情が素晴らしかったしすごい演技力で、チョン・ドヨンみたいになりそう。秀子役のキム・ミニは色っぽくて可愛い魅力的な女優さんでした。和、洋、どちらのファッションもとても似合ってて素敵でした。二人のセクシーなシーンは美しかったです。
 男性陣は...怪しかったです(^_^;)藤原伯爵(詐欺師)が胡散臭かったですねーちょっと田中邦衛さんみたいなハ・ジョンウがコミカルでいい味だしてました(笑)秀子の伯父上月は変態すぎて、可笑しかった(笑)官能本のコレクション、すごかったですね!あと地下室(^_^;)
 騙し合い、どんでん返しの展開が面白かったです。終盤に監督らしい残酷描写がしっかり用意されてましたねーでもなんかコミカルでした(笑)ラストは背景に切ないものがあった分、いい終わり方だなって思いました(^-^)145分画面にくぎ付け!色々たまげた映画でした。一人でこっそり、じっくり見るのがお薦めです(笑) 

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(吹替)

guardians2.jpg

ジェームズ・ガン監督

クリス・プラット(山寺宏一)
ゾーイ・サルダナ(朴璐美)
デイヴ・バウティスタ(楠見尚己)
ヴィン・ディーゼル(遠藤憲一)
ブラッドリー・クーパー(加藤浩次)
マイケル・ルーカー(立木文彦)
カレン・ギラン(森夏姫)
ポム・クレメンティエフ(秋元才加)
エリザベス・デビッキ(魏涼子)
カート・ラッセル(金尾哲夫)
シルベスター・スタローン(ささきいさお)

 ロナンを倒し宇宙に名前が知れ渡ったガーディアンズの5人はソヴリン人アイーシャ(エリザベス・デビッキ)の依頼で彼らのバッテリー関連施設を宇宙怪獣から守る仕事を行う。見事に怪獣を倒したガーディアンズ一行はアイーシャから報酬としてネビュラ(カレン・ギラン)の身柄を受け取る。彼らが宇宙船で立ち去ろうとした時、ロケット(ヴィン・ディーゼル)がバッテリーを盗んでいたことが発覚し、ソブリン人の艦隊が襲いかかる。


 前作の吹替版が気に入ったので、こちらも迷わず吹替版で観賞。グルートしかもベビー(!)は、今回も遠藤さんでやはり「ボクはグルート」のみ(笑)ベビーだからどうなるのかなって思ったら可愛い声にしっかり加工されてました(^_^;)でも遠藤さんがやることに意味がある(笑)
 最高でした♪おたずね者たちがドタバタしながら(笑)またしても銀河の危機を救う!仲間になったものの相変わらずマイペースなメンバーたち(^_^;)問題が発生して危険な目にあったり、今回もかなりハードな状況を色々揉めながら(笑)乗り切っていきます。新たに個性的なキャラクターも登場!金ぴかの女王やスタローンとか@@
 怪獣をやっつけるガーディアンズのそばで踊る、ベビー・グルートにメロメロ~~可愛すぎる~(^-^)戦うメンバーたちよりベビー・グルートにくぎ付けになっちゃいました(笑)ドラックスが暴走!オープニングから怪獣退治楽しい~♪
 ピーターの生い立ち、ガモーラ(ゾーイ・サルダナ)とネビュラの対立など家族がテーマとして描かれているように思いました。ピータの前に初めて現れた父親エゴ(カート・ラッセル)、登場の仕方がなんか軽い感じで怪しかったんですよね(^_^;)エゴのあまりのスケールの大きさにびっくり@@エゴのお世話係のマンティス(ポム・クレメンティエフ)が可愛かった。感情を読み取れる力でピーターの本音暴露(笑)気弱そうな彼女ですが、後に活躍します。
 存在感を示したのはヨンドゥ(マイケル・ルーカー)でしたね。前作ではピーターに対する立場が微妙でしたが、真意が明らかになります。ラベジャーズ(ヨンドゥがリーダーのグループ)の宇宙船でのシーンが面白かった。グルートのはじめてのおつかい(?)はコントみたいでツボ(笑)そしてヨンドゥのみごとなまでの殺戮(!)はグルートがいじめられたこともあって、超気持ちよかったです。青いおじさんがカッコよく見えましたよ^^
 前作同様メンバーらしいユーモア、ギャグ満載で楽しかったです♪大艦隊の襲撃、ガモーラとネビュラの闘い、ロケットの仕掛けの数々などアクションも見応えがしました。そしてグッとくるシーンも。ヨンドゥとロケットの胸の内、泣けました(>_<)ラストはみんな活躍してカッコよかった!ある意味みんなの(銀河の)運命を託されたベビー・グルートの活躍(迷走)も見どころです(カワイイ)。
 またメンバーの活躍が見たいなー♪ピーターとガモーラの今後も気になるし(笑)二人のダンスシーンはよかったなー^^エンドクレジットも楽しかったです♪自分の中でギズモを超えたベスト・オブ・カワイイ(笑)ベビー・グルートの活躍は見おさめかもしれないのは残念。70年~80年代の音楽も良かったです♪サントラ欲しい。

grootbabyb.jpg  

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(吹替)

guardians1.jpg

ジェームズ・ガン監督

クリス・プラット(山寺宏一)
ゾーイ・サルダナ(朴璐美)
デイヴ・バウティスタ(楠見尚之)
ヴィン・ディーゼル(遠藤憲一)
ブラッドリー・クーパー(加藤浩次)
リー・ペイス(白熊寛嗣)
マイケル・ルーカー(立木文彦)
カレン・ギラン(森夏姫)
ベニチオ・デル・トロ(石住昭彦)

 1988年、母親を亡くしたばかりの幼いピーター・クイルは、何者かに誘拐される。それから26年後、成長したピーター(クリス・プラット)は、惑星モグラで「オーブ」を見つけ盗み出す。同じくそれを狙うクリー人ロナン(リー・ペイス)の部下コラス(ジャイモン・フンスー)と遭遇。クイルはオーブを持って逃亡するが、ロナンは最強の暗殺者ガモーラ(ゾーイ・サルダナ)を派遣する。ピーターがザンダーでオーブを売り払おうとしているところにガモーラが現れ格闘になる。さらに賞金稼ぎの遺伝子改造されたアライグマのロケット(ブラッドリー・クーパー)と樹木型ヒューマノイドのグルート(ヴィン・ディーゼル)の賞金稼ぎペアも加わるが、4人はノバ軍警察によって逮捕される。


 以前DVDで字幕版を見て、大好きになりました♪遠藤さんのグルートがどうしても見たくなったので、「~リミックス」を見る前に吹替版を観賞。山寺さんのチャラい感じもよかったし、意外にも加藤さんのロケットがハマってた!そして遠藤さんは「私はグルート」のみ(^_^;)のセリフながらなんか伝わるというね(笑)グルートの存在感を際立たせていました^^こだわりがなければ吹替版もお勧めです。
 成長したピーターが軽そ~になっててびっくり@@環境って恐ろしい(^_^;)ウォークマン懐かしい~流れる音楽も聞き覚えのある曲で嬉しかったです。オーブをめぐる争奪戦、ロケットとグルートコンビが加わってのドタバタはスピード感があって最初から惹きつけられました。刑務所に入れられた4人とドラックスが、とりあえず協力して脱走するところが面白かった^^ロケットのリーダーシップとグルートのマイペースさが見どころ?(笑)
 個性的すぎるメンバーたちみんな大好き!!ピーターはノリのいいお調子者って感じですが、いざという時は頼りになるしカッコイイ。ゆるめのイケメン(笑)のクリス・プラットは気のいいお兄ちゃんタイプで好感が持てます^^ガモーラはクールで超強い!緑の女性を見たのはシュレック以来かも(笑)ゾーイ・サルダナはスタイル抜群で、走る姿がカッコよかったです。
 そのまんまアライグマのロケット(笑)実は凶暴で毒舌という見た目とのギャップがユニーク、武器も使いこなすしメカにも強そう。ロケットの相棒グルートの笑顔には癒されました。なぜかロケットにはグルートが何言ってるのか理解できてるみたい(笑)二人の絆の深さを感じます(イイコンビ^^)スキンヘッドでマッチョなドラックスはKYで無神経なんだけど(笑)憎めないいいキャラです。演じるバウティスタは元プロレスラーだったんですね@@
 自分勝手でバラバラなメンバーたちが、揉めたり暴走したりしながらも(笑)危機を乗り越え、本当の仲間になっていくところがとてもよかったです。その中で、それぞれが抱える事情も見えてきます。ピーターとヨンドゥ(マイケル・ルーカー)の関係が気になる。
 細かいユーモア満載でひじょーに面白かったです!コワモテなヨンドゥが実は小さくて可愛い人形が好きだったり(笑)アクションや宇宙での戦闘機の闘いなども見応えがありました。そして感動的なラストもよかったです。
 娘にしつこく勧めたところ見てくれて、その後即効で「~リミックス」を見に行ったみたい(^◇^)

grootbigb.jpg 
プロフィール

ポルカ

Author:ポルカ
ジョニー・デップ大好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる